『悼む人』▶エーガねレビュー | C2[シーツー]BLOG

C2[シーツー]BLOG

川本 朗(カワモト アキラ)▶名古屋発、シネマ・クロス・メディア
C2[シーツー]の編集・発行人。 毎月30本アベレージで、
年間300本以上を鑑賞。“シネマ・コネクション”を
キーワードに、映画をナビゲート!
▶シーツーWEB版  www.riverbook.com



@109シネマズ名古屋(試写会)▶複雑だったので悩んだし、かんがえさせられた。(名古屋市・中村さん・女性・37歳・会社員)

@109シネマズ名古屋(試写会)▶問題提起された。なんか、考えてしまった。(名古屋市・中村さん・女性・35歳・会社員)

@109シネマズ名古屋▶原作を読んでいたのでかなり期待していました。高良健吾さんの静人が雰囲気があり、井浦新さんの狂人・天才っぷりが顔だけで表現できていていい映画・世界観でした。(名古屋市・狩野さん・女性・26歳・大学院生)

@イオンシネマワンダー▶原作を読んだにも拘わらず、映像化されたものを目前にして、静人の行動や心を自分として受け止めたい気持ちと少し戸惑った気持ちがないまぜになりながらの鑑賞でした。理解できない事象を「否」として、看過しがちですが、静人と倖世の行動や心の奥底をあれこれと忖度しながら画面を追うのは異次元旅行のようでした。高良健吾さん、石田ゆりこさん、難しい役柄を好演、井浦新さん、椎名桔平さん、貫地谷しほりさん、平田満さん、大竹しのぶさん、戸田恵子さん、上條恒彦さんら脇役陣も完璧な布陣でした。同じ堤幸彦監督、大森寿美男脚本の舞台劇があるそうですが、是非観てみたいですね。(愛知県・加藤さん・男性・58歳・会社員)

@ピカデリー▶生真面目に生きようとするほど人生は重苦しいものになるという摂理を、様々なエピソードを交錯させながら描いた群像劇。身勝手な輩に振り回される理不尽さに地団太踏みながら、それでも実直に生きていこうとする者たちの姿が愛おしく感じられました。(名古屋市・古池さん・男性・53歳・自営)

▼エーガねレビュー(気に入った映画の感想)は下記フォームより送信ください。
エーガねレビュー(感想コメント)に応募!

シーツーWEB版に戻る

#エーガねレビュー #C2シネマ情報局