2015年11月14日(土)13:30~15:10 13:00開場

会場:波止場会館
(横浜、大さん橋の根元の左側。みなとみらい線・日本大通り駅より徒歩5分)

2015年度の「もっと横浜」プロジェクトの企画です。
※一般の方も参加いただけます。


講演タイトル:
ヘテロな街、横浜

講演者:

高山 明
たかやま あきら

(演劇=都市パフォーマンス構成家・演出家、立教大学特任准教授)



「異なるもの・異物 = ヘテロ」 を受け容れる感性、
それが横浜!


近年『横浜コミューン』や
東京ヘテロトピア』、
また震災後の福島、フランクフルト、コロンビア
などで興味深い活動を展開する高山明氏が、
国際開港都市・横浜ならではの
「ヘテロな街、横浜」の可能性を語る。

高山明氏紹介:
1969 年生まれ。ドイツでさまざまな演劇活動をおこなったのちに、帰国して、2002年に演劇=都市パフォーマンスユニットPort B(ポルトビー)を結成。実際に都市を場とした演劇、ツアーパフォーマンス、社会実験プロジェクト、言論イベント、観光ツアーなど多岐にわたる活動をおこない、演劇の可能性を拡張して社会に接続しながら、現実の都市や地域に介入する刺激的な活動を展開する。




横浜国立大学教育人間科学部「もっと横浜」プロジェクト
(担当教員:川添裕) 
AD