2016年11月16日(水)14:40〜16:10(14:15開場)

会場:横浜国立大学 教育8号館101教室

2016年度の「もっと横浜」プロジェクトの企画です。※一般の方も参加いただけます

 

講演タイトル:

港  の  人

講演者:

中村 和恵(なかむらかずえ)

(比較文学者・詩人、明治大学教授)

 

 

外に向かって開かれた港は、

みずみずしい可能性の場所だ!

 

港をうたう詩や詞に刺激されながら、

異文化に接する先端としての港、

植民地支配の拠点としての港、

貿易と移民の場としての港などについて考え、

「港の人」の自由と孤独から、

開かれた街・横浜の可能性を語る。

 

中村 和恵 氏紹介:

1966年生まれ。東京、札幌、モスクワ、メルボルン、大阪、ロンドンなどに移り住む。国境なき食欲でおいしいごはんを求め続ける『地上の飯』(平凡社)、もっと着たいもっと見たいと世界の衣服の秘密を探る『ドレス・アフター・ドレス』(平凡社)、世界の端っこを歩きながら本に出遭い日本語について考えた『日本語に生まれて』(岩波書店)ほか多数の著作がある。

 

 

 

 

横浜国立大学教育人間科学部「もっと横浜」プロジェクト

(担当教員:川添裕)

 

AD