あいにくの悪天候の中でしたが、多数の方にクルーズツアーにご参加いただき、誠にありがとうございました。

 一般の方にもご参加いただいて、これまでの国際共生社会課程での成果の一部も御覧頂きましたが、普段の教室の中に閉じた環境とは異なり、様々な立場からの貴重なご意見を聞くこともでき、学生のみならず、教員の方でも知見を新たにした部分もありました。

 「もっと横浜」プロジェクトでは、継続的にこのような機会を設けることで大学の外に積極的に出掛けていき、教育・研究の幅と奥行きを広げていきたいと考えています。

 今後も「もっと横浜」プロジェクトへのご支援をお願いいたしたく存じます。

「もっと横浜」プロジェクト事務局
AD
 危ぶまれた天気ですが、現在までのところでは横浜周辺で大幅な交通機関等の乱れが生じている状況ではありませんので、予定通り「港町YOKOHAMAクルーズスタディツアー&トークイベント」を開催いたします。

 途中の天候の変化によっては、内容の一部に変更が生じる場合がありますことをご了承下さい。足下にご注意の上、ご来場いただければ幸いです。

 それでは、受付会場の「ピア大さん橋」にてお待ち申し上げます。

「もっと横浜」プロジェクト運営事務局
AD

悪天候時の対応について

テーマ:
 明日の「港町YOKOHAMAクルーズツアー」ですが、気になるのは天気予報! 横浜でも雪が降る可能性があるとされていますので、悪天候時の対応についてご案内いたします。

 (1)大雪などで交通機関に大幅な遅れ、運行休止などが生じた場合、当日の10時30分にこのページで中止のお知らせをいたします。

 交通機関の遅れ等が軽微な場合は、そのまま催行いたします。その場合も、10時30分の段階でこのページにお知らせを掲載いたします。

 (2)催行する場合、受付はご案内の通り、12時15分から横浜港「ピア大さん橋」大さん橋ふ頭ビル1Fで行います。

 今回利用する京浜フェリーボートの「ローズ号」はガラス張りの船室で、暖房も効いています。ただし、雨や雪で足下が悪い場合がありますので、乗り降りの際は十分にお気を付け下さい。

 また、海上の状況によっては、クルーズコースを安全な範囲にとどめる場合があります。

 (3)海上が荒れて出航できない場合は、神奈川県民ホール5階大会議室に場所を移し、「もっと横浜」宣言セレモニーや横浜ガイド、国際共生社会課程の成果報告会などを行い、その後にトークイベントを開催いたします。

 この場合は受付に集合後にご案内いたします。また、基本的にスケジュール通りの進行といたしますので、第2部のトークショーからも参加頂けます。

 (4)その他、想定外の事態が生じた場合もこのページで随時お知らせいたします。

「もっと横浜」プロジェクト事務局
AD
 いよいよ明日に迫った「港町YOKOHAMAクルーズスタディツアー」が神奈川新聞に取り上げられました。


もっと横浜プロジェクト運営事務局のブログ-神奈川新聞記事




 ちょっと天候が心配ですが、次に悪天候時のお知らせを掲載いたします。

一般参加の皆様へ

テーマ:
 クルーズツアーの際の万が一の事故に備えて、団体の傷害保険に加入いたします。お手数ですが、氏名・性別・年齢を事務局のメールアドレスまたは事務局担当の教員までお知らせ下さい。

 保険料は参加費に含まれますので、当日徴収させて頂きます。よろしくお願いいたします。

「もっと横浜」プロジェクト事務局