大地震と救急用品

テーマ:

久しぶりにブログをチェックしたところ、いつの間にかデザインがピンク色に変わっていてびっくりです。

ブルーに変更しました。


もったいないものについては、相変わらず、時間と送料などのお金がかかってもなるべく引き取り手を探して

活用してもらうようにしています。Yahoo Auctionが便利なので、余裕のあるときにまとめて出品しています。


先週たまたま頂き物で使う機会の無い新品の救急用品セット(包帯とかピンセットなどいろいろな救急用品一式がケースに入っているもの)を出品していました。その引き取り手から3月10日に無事到着したとの連絡があったのですが、よく見ると住所が11日の地震で大災害に見舞われた東北の気仙沼の海のすぐそばになっていました。たぶん家が跡形もなくなっているエリアだと思います。救急用品セットが役立つと良いのですが。。それどころではないかもしれません。


被災地の方のために救援物資を送るなど何かできることはないかと思いますが、勝手な判断で何か送るより日本赤十字への募金など「災害復興のプロ」への募金が一番良いようです。

美容・健康器具の類

テーマ:

美容・健康器具っていろいろなものが発売されていましたが、その時はやっても、結局使われなくなるものが多く、ロングセラーになるものっていったいどのくらいあるのか謎です。そもそも、デザイン的に格好悪いものが多いというのも使われなくなる原因のような気がします。使うのが実はとても面倒とか実は効果がなかったというものも多いような気がします。うちでも唯一デザインの良いマッサージチェアだけが残っていますが他のものは結局、処分しています。美容や健康って、もう必要なものはあまりないという人にも購買意欲をそそるテーマですよね。モノは本当に使うのか考えてから買いたいものです。

不都合な真実

テーマ:

元アメリカ副大統領アル・ゴア氏によるドキュメンタリー映画、

不都合な真実を見ました。

http://www.futsugou.jp/

この映画を絶賛している人が多いですが、

少しでもお金とか時間に余裕のある人は是非見るべき映画だと思います。

あまりエコでない人もこの映画を見ると、かなり考え方が変わります。

私も日ごろ環境のことを意識しているつもりでしたが、いろいろなことを再認識させられました。

これは、世界の人々に迫る危機の話です。

しばらく、もったいないけれども捨てて、その教訓を生かし、今後、そのようなことがないようにしたいということを書いてきたわけですが、

環境の危機はそんな悠長なことを言っていられないくらい危険な状態になってきていると思いました。少しでも余裕のある人は大量消費は即刻やめて、今持っているものは場所があれば今後のために残して置くべきかと思いました。それでブログは少しペースダウンしてしまいましたが、1週間に一度位は更新したいと思います。

自然環境が破壊されたり生物種が絶滅したりするのは、危機的状況だけでなくある意味もったいないことでもあります。

中でも驚いたのが、大きな湖が消滅しつつあること。

世界代6位の大きさだったアフリカのチャド湖が消滅しかかっていて、周囲の人々の生活に深刻な影響があり、大量虐殺の原因にもなっているそうです。

http://maps.grida.no/go/graphic/chronology_of_change_natural_and_anthropogenic_factors_affecting_lake_chad

年々湖がなくなっていく画像は驚きです。

あとこちらは人的要因も多少あるようですが、ウズベキスタンに接するアラル海も消滅しかかっているそうです。

http://unimaps.com/aral-sea/print.html

異常なところだけ取り上げて危機感をあおっていると思う人もいるかもしれないですが、

日本でもいまだかつてない異常気象だと日々報道されています。

誰かが何かしてくれることを期待している場合ではなく、

お金や時間の余裕が少しでもある限り、出来ることをやっていきたいです。