思いつきの言葉たち。 | 支えの言葉を、あなたの中にずっと。
新型コロナウイルスに関する情報について

支えの言葉を、あなたの中にずっと。

悩んだり、立ち止まったり、
夢に向かえなくなったり、寂しくなったり、悲しくなったとき、
支えてくれる言葉があれば、また前を向いて歩いていけます。
過去の私もそうでした。
まだ見ぬ明るい未来を諦めないでください。

温厚な人は、「ここまでば許す」という基準を持っている。



ご飯を食べたあと、最後に、すべての椅子を直してた家族連れの6歳くらいの子どもがいた。
そのテーブルは、すべてのカップとお皿が、テーブルの通路側に置かれていた。



前を向いていれば、“壁”にぶつからない。



好きな人からは、「こうしよう」と学べる。
苦手な人からは、「こうしないでおこう」と学べる。



「こういうときは、どうしたら大人かな」と考えると、
言動が変わってくる。



自分にとって、「快」と「不快」の基準を、知っておこう。



黙っているけど楽しい関係、
話していないけど繋がっている関係が、いい。



自分の夢に、遠慮は不要。