安田ふるさとフェスタ2018 イン プリンス | 横井もとゆき オフィシャルブログ

横井もとゆき オフィシャルブログ

*:.。.:*・やればできる!新潟!! ・*:.。.:*


テーマ:


第24回首都圏安田会のご盛会、

    誠におめでとうございました❗❗



安田ふるさとフェスタ2018が東京都港区芝公園にあるプリンスホテルで開催されました。

平成16年4月1日に、2町2村(安田町・京ヶ瀬村・水原町・笹神村)で合併した阿賀野市。
ですので、4つの各町村が首都圏会、東京会を持ち、開催しています。

私は議員になってから、今住んでいる水原の会と、生まれ育った安田の会、両方に出席しています。
(笹神と京ヶ瀬からもお誘いを頂きますが、今のところ難しいかと。)

首都圏安田会は今回で24回目。

今回も200名近くの方々が参加されました。

準備をしてくださった、役員の皆様、市役所職員の方々、お土産品や出展をしてくださった企業の皆様、本当にありがとうございました。

首都圏の役員の方々は、月に3回も集まり、様々な取り決めや準備をされているとこのと。
本当に頭が下がる思いです。


阿賀野市からの参加者は新幹線とバスで移動。
バス組は安田体育館を5:45に出発。
楽しいバスの旅😊




私は今回で2回目の出席。
首都圏にお住まいの参加者の皆さんとは1年ぶりの再開。

昨年お会いした方や、東京水原会でお世話になっている方々など、多くの方々よりお声がけを頂き本当にありがたかったです。



安田会会長さん、阿賀野方々と。



また初めて会った方とも、出身の集落や学校のことで盛り上がり、出身の家を聞けば、どこの誰々の関係だとだいたいわかる。
さらに話をしていると、私の同級生の叔父さんだったり、地元でいつもお世話になっている方のご子息だったりと、年代が離れていても盛り上がれる。
本当に楽しい一時でした。




一方で、首都圏にお住まいの方からは、「安田に帰る度に、どんどんとさびれているのを感じる」とお話しを頂きました。
ここは地元の人間が頑張らなければならないところ!

東京のようなビルを建て電車を通すことはできないかもしれないけれど、安田以外で住んでいる方が、いつでも帰ってきたくなる街、若者が戻ってきたくなる活気のある街を作っていきたい!

それと同時に、外に出て阿賀野市や安田の良さ、名産品をどんどんPRしていかなければならない!

阿賀野をブランド化❗❗
の必要性を強く感じました。

安田地区の売りを思い付くだけあげてみると、

吉田東伍記念館・・・日本の歴史学者、地理学者(歴史地理学)。安田出身。「大日本地名辞書」の編纂者として知られる。日本歴史地理学会(日本歴史地理研究会)の創設者の一人。

ヤスダヨーグルト・・・新潟県酪農発祥の地高級ヨーグルトとして全国展開中。

安田瓦・・・日本最北端の生産地。ロシアで-50℃の耐寒試験をクリア。とても丈夫。黒鉄色で格好いい!

笹団子・・・ウマイ!笹も柔らかく食べている時も痛くない。

三角油揚げ・・・三角が珍しい。1枚づつ手揚げでふっくらジューシー。焼いても煮付けでもウマイ!

有機味噌・・・ウマイ!発酵食品体にいい。

左官・・・左官業者が多い。風格ある格好いい家が建てられる。

いちじく・・・ 農家さんの努力により味・品質がどんどん上がっている。


安田地区以外
ラジウム温泉・・・液体の温泉で放射線量日本一。世界でも一番?
瓢湖・・・白鳥が越冬で飛来する天然記念物の湖。今年もすでに白鳥が来ています。
地ビール・・・ スワンレイクビール。3種類あり、飲み口がいい。
水原代官所・・・6~10万石を支配していた代官所を復元。今年は廃絶から150周年
酒蔵は市内に3つ。銘柄は白龍、越後桜、代々泉。
うららトマト・・・ブランド化に向けて頑張っています。

等々。
もちろんお米は、阿賀野市主力農産品となっています。水が良いので美味しいです。


私の今期は残り2年。いち議員として、産業建設常任委員会として、あと2年でどこまで阿賀野をブランド化できるか。
阿賀野の発展をかけた戦いです。

最後までお見送りありがとうございました。
また来年、皆さん元気でお会いできるのを楽しみにしております❗❗











横井 もとゆきさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス