鍼灸はなぜ妊娠に効果がある?〜瘀血体質の話 | 36歳以上の妊娠を考えている女性の原因不明不妊をサポートする本八幡鍼灸院
こんにちは。峯岸です!
今年最後の記事アップとなりました。
2019年もあと4日ですね。

というわけで

2019年も望年会が終わりました!
今年は飯坂先生の世代メンバー
「鍼セブン」が企画運営してくれました!


ご飯も美味しかったー!


ゲームやクイズもあって、
本当に楽しくたくさん笑いました!

------------------------

鍼灸を受けることでなぜ妊娠につながるのか?
改めてお伝えしていきたいと思います。

体質改善として行っていくこと
「血流改善」がそのひとつになるのですが
では血液は妊娠に向けて
一体何をしているのでしょうか?


・酸素を運ぶ
・ホルモンを運ぶ
・栄養を運ぶ
・子宮内膜を形成する

とても重要な働きをしていますよね。
血流改善の大切さは改めて感じていただけるのではないでしょうか?

では血流を阻害するものはなんでしょう?
・冷え
・コリ
・瘀血
となります。

瘀血とは
血液が滞っている状態です。

イメージとしては赤血球が
ドロドロ・団子状になっているようなイメージです。

肩にあれば肩こりになりますし、
お腹にあれば
内蔵の硬さ(動きの悪さ)になります。


瘀血の改善は血液の質改善も重要になります。
瘀血が全身にあることで冷えの原因ともなるのです。

・クマが取れない
・肌がくすむ
など気になる場合は、
瘀血があるかもしれません。

瘀血の改善には巡らせるツボを使っていきます。
とくにお腹にある瘀血(下腹部のコリ)は
月経痛や月経不順の原因にもなります。
思い当たる方はご相談下さいね!


今月で退職される
山元マネジャーと、長年一緒に働いていたメンバーにプチ送別会をしました。
住吉鍼灸院の時から一緒に働いてきました!
本当にありがとうございました!

最後までお読みいただき
ありがとうございます。
次回も妊娠に向けたケアをしていきますね!

峯岸里美