何故妊娠できないのか?体は妊娠よりも○○を優先する。 | 36歳以上の妊娠を考えている女性の原因不明不妊をサポートする本八幡鍼灸院

皆さんこんにちは。

本八幡鍼灸院の成澤です。
 
先日、八幡スタッフで焼き肉を食べに行きました!

みんなで飲みに行くのは久しぶりでした!
 
楽しかったですね~!(^^)/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

さて、今回は

原因不明といわれ何をどうすればいいのかわからない不妊というテーマで書いていきます。

血液検査、エコー検査、卵管造影検査で血液中のホルモン値や子宮内膜や卵巣・卵管の状態が正常なのに何で妊娠しにくいのか?

検査をして正常な場合「器質的な要因は少ない」ということになります。これは、「良かった」と思える情報材料ですが、逆に「じゃあ何が悪いの?」と疑問が残りますよね。

これは本当は妊娠出来る体なのに何かが妨害している状態だということです。

・・・この場合、もっと本質的な問題が隠れている方が多いのです。

体は子孫繁栄よりも○○を優先的に考える

そもそも、なんで生殖器(子宮や卵巣)や妊娠にまつわる体の機能が低下してしまうのか・・・

それは、身体が妊娠出来るほど健康的とは言えないからです。

体は子孫繁栄よりも自分の命を守ることを優先します。だから、肝臓腎臓心臓に優先的に多くの栄養、酸素、熱を多く運んでいきます。

呼吸や循環が止まったら体は死んでしまいますよね。だから、子宮や卵巣はいつも後回しになってしまいます。

体がピンチになったときに真っ先に淘汰されてしまうのは生殖器です。

だから不健康な生活習慣や体にあらゆるストレスをためることは体の機能を低下させ、妊娠という目的を果たすための障害になってしまうのです。

 

女性特有の体の機能をもっと向上させよう!!

昔の時代と違ってお仕事など第一線で活躍する女性が増えましたね。

その分「家事・育児・妊活・仕事」など多くの事をこなしていく生活をしている方が増えました。
多種多様のタスクについて、頭を良く使いすぎるせいで疲労が大きくなってホルモンバランスが乱れます。
そしてファッションやスイーツで冷え性が増え、スマホ・パソコンや長時間労働の生活で精神の病がこれからもどんどん増えていきます。

その中で、筋・骨格系の問題血液系の問題自律神経系の問題などが基盤となり、

不正出血、生理不順生理痛冷え肩こり腰痛などの症状が出てきます。

 

鍼灸治療はこういった自分だけではどうしようもない症状にも対応できます。

生理周期を整えること。

生理痛を整えること。

冷えを改善すること。

腰痛肩こりの改善すること。が可能です。

 

上記の症状が改善された時は、自律神経調節によって筋肉や内臓に栄養・酸素・熱が運ばれていて活性化されている状態です。

生理周期などバイオリズムが整っているということはタイミング療法や人工授精なども行いやすい状況になるということです。

 

妊娠に向けて体質を改善されたい方はぜひ鍼灸治療を受けてみてください!

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

本八幡鍼灸院