アドレスV125シリーズでバッテリーを交換したけど、すぐにあがってしまう、バッテリーを補充電してもすぐにあがる場合は走行中に発電されていなく走行しながらどんどんバッテリーを消費するだけなので途中でエンストし再始動不可の状態などになる場合があります

 

充電系統は発電コイルの不良、レギュレートレクチファイアの不良、ハーネスの断線などが主です

その中で多いのが発電コイル不良です

 

画像は規制後のアドレスV125になりますが黒いカプラーが車体右側のIGコイル上部あたりにありますので接続を外し、エンジン側の画像の黒い3Pカプラーの導通をテスターで確認します

 

確認は3Pカプラーのどれでもいいので1本とアース間の導通を確認し導通がある場合は壊れています

コイルを外すと一部焼けたところがあることが多いです

 

 

ステーターコイルASSY交換です

※画像は規制前のコイルです

 

今回もコイル交換で充電系統が良好になりました!!