アドレスV125の規制後 K9やSL0以降のボアアップ(161cc又は156cc)の燃調でタケガワのFIコンとDCP(ポンプ)のオリフィス加工を組み合わせた仕様が増えています

11ミリのスパナで先端のノズルを外すと中身が出てきます

最近では中身だけの加工ご依頼が多いですね☆

 

まず標準のポンプの種類

・DCP44 規制前ポンプ※画像の左側

スズキ純正品番:15710-33G01   

7650円(税別) 

 

・DCP42 規制後ポンプ(K9やSL0~)

スズキ純正品番:15710-33GA0  

10000円(税別、4月1日から約45%値上げしました)

 

・DCP52 バンバン200

スズキ純正品番:15710-13GA1  

6950円(税別、カプラー左下を削って使用)

 

上記ポンプを欲しい方は当店でも取り寄せまたは在庫して販売していますが、Webike等の通販でも購入可能です

 

 

当店ではアドレスV125シリーズのメーカー生産終了に伴いポンプのテストも終了いたしました

 

最近ではユーザー様が積極的にオリフィスを試していただいており、意見を少しまとめると

0.46ミリ以下は不要で、0.47~0.48ミリがタケガワFiコンと併用で良いとか・・・

また今回ユーザー様にしていただいたテストは規制前ポンプ、規制後ポンプとそしてバンバン200ポンプのそれぞれに色んなサイズのオリフィスを入れてしていただきました

バンバン200ポンプに0.48取り付けとタケガワFIコンでの調整が一番良かった方もいます

ただ、マフラー、駆動系の仕様が様々なので決まりはないですね!

 

 

アドレスV125のボアアップに流行りのバンバン200の純正ポンプです

よく売れます!!

品番のお問い合わせが多いので再案内↓ 

スズキ純正品番:15710-13GA1  

6950円(税別、カプラー左下を削って使用)

ボアアップ時のアイドリングの安定や低速走行時のギクシャクを低減させるのに手っ取り早いので定番化しています

※取り付け走行可能ですが~161ccだと濃いようです

 

またノズルのOリングの品番も近くUPします!!

 

 

 

 

 

 

 

モトスポーツ予約システムはこちら