古民家・旧車バイクでいこー 欠品・トラブル・災害に負けるな2 (統合版)

古民家・旧車バイクでいこー 欠品・トラブル・災害に負けるな2 (統合版)

 気に入って手に入れた乗り物がずいぶん昔の産物。 
 見放された私と似たもの同士の家・車・バイクと付き合う。 
 そして色んな事に挑戦する冒険者としての生き様もここに綴る


テーマ:

ニコニコレンタカートラブルの記録 その2

 

本題に移る前に

ちょっと小話でも挟んでおこう

 

車の寿命について

 

車がどのくらいもつかについては色々議論があるが、

おおよそ 10年程度 と認識されているだろうか。

 

その辺りを考察してみる。

まず、

メーカーが新車として設計して認可をとって市場に出るまで、

色んな厳しい試験をクリアしなければならず、

それらをクリアしてきた新車は、

それ相応のクオリティと安全性を補償されていると言って良い。

 

車が市場に出て、

ユーザーの手に渡った後は、

数年の間はメーカー直営のディーラー等で性能を維持する事が可能と思う。

 

それ以降は、

維持費を削減する為に近場の修理工場に持ち込むユーザーが現れ始める。

消耗品についても、より安いものを選択するユーザーもいると思う。

ここで問題になるのは、

ガソリンスタンド等の車検整備しかしない所。

 

何が問題って、

整備の目的が

車検の為の整備

になってしまっている事だよね。

 

自分で車検に行った事がある人なら分かると思うが、

相当な整備不良車でも通過してしまうんですね・・・

なにせ、

道路上を運行する上で危険なラインを下回っていない事を確認するだけですので。

必然的に車検の為の整備は最低ラインを維持し続けます。

 

話を戻すと・・・

新車から10年もたつと、

色んな部品が消耗し始めて、修理箇所が増えて維持コストが増えます。

私が知る限り、

ここでちゃんと修理する人は稀で、

ほとんどが別の新車に乗り換えるか、安く維持する方に流れます。

 

従って、

10年も経つと、

設計時点での安全性は失われ、

粗悪な部品と整備により加速度的に劣化すると思います。

・・・あくまで個人的私感ですが。

 

 

フランチャイズレンタカー事業の実態

 

今回利用したニコニコレンタカーはフランチャイズ方式で、

修理工場等の遊んでる車を有効活用しようとする事業のようです。

 

さらに、

ガソリンスタンド兼業のレンタカーという事で、

整備は絶望的でしょう・・・・・

あの設備では、車検用の軽整備しか出来ない。

事業として考えると、車両の維持費を削減する事で利益に回す事が出来る。

 

必然的に、

デッドラインギリギリを維持した壊れやすいレンタカーの出来上がり。

しかも、

貸し出し中に壊れれば、

借主の保険で修理出来る!!!

その上、借りる人等素人ばっかりで、適当な事言っても押し切れる!!!

 

なんて美味しい商売でしょうか!

 

ただのフランチャイズならまだしも、

ガソリンスタンドフランチャイズ + レンタカーフランチャイズ という極悪の組み合わせ。

レンタカーの文化とも、

損害保険の文化とも一線を画した独自の文化を持っておりました。

これについては、後ほど書く事にします。

 

 

1日目続き

レンタカーを借りて、早速田舎に向けて出発しました。

 

高速で500キロほどの距離です。

早速、外環道に乗り東北へ向かいます。

 

3月11日

 

東北大震災から、もう7年も経ちました。

私の故郷は岩手県ですので、

色んな思い出が蘇ります。

 

そんなこんなで高速道路を走っているものの、

なんか、ハンドルに違和感がある。

 

やっぱりタイヤ駄目かなぁ・・・

せめて3日間持ってくれればいいなぁ・・・

 

と思っていたけど、

やっぱり不安で目的地を待たずして高速道路を降りる。

安全が1番ですから!

その後、下道をトコトコ走って目的地到着。

 

ココで、

あまりに酷いタイヤの状況に呆れ果てて

ニコニコレンタカー本部に苦情を入れる

 

私はクレーマーじゃないし、

余程の事でもない限り・・・わざわざ事前に苦情を言うなんて無いですよ。

まぁ、

予想通り

ニコニコレンタカーからの返答は、

 

「ちゃんと整備してるし、まだ何も起きてないんでしょう?」

 

という返答

まぁ良いでしょう。そう言うなら。

 

 

さて、レンタカー初心者の方へ

身を守る為の重要ポイントです!

 

レンタカー業者との契約では、

異変を発見した時点で報告の義務があります。

後で言っても意味がありませんので、

どんな些細な事でもオカシイと思ったら何回でも報告しておいた方がよいです。

そして、その記録を残して置くと決定的な証拠となります。

録音でもメールでも使えるものは使いましょう。

 

私は、

借りる前と、利用開始後12時間の2回、

同一箇所の整備不良を指摘しました。

まさか、その指摘箇所が本当に壊れる事になろうとは・・・

 

2日目に続く


テーマ:

私個人は何台も車を持っているし、運転もする。

基本的にレンタカーに対するイメージは肯定的であった。

 

そう、

それは既に過去の話・・・

ニコニコレンタカーに出会うまでの話である!

 

呆れと怒りと色々な感情が交じって溢れ出てくるが、

ここは、誹謗中傷にならぬように気をつけて書こう。

誰かの役に立つ情報となる為に。

 

一般的にレンタカーに対するイメージはどんなだろう。

 

 ”必要な時に必要なだけ必要なサイズの

  整備された車を借りられる。”

 

私もそのくらい単純に考えていました。

私は性善説を支持していますので、全面的に信用します。

 

それがニコニコレンタカーはどうだろう。

 

レンタカーを利用する人の大半は車初心者ですよね。

ほとんどが言われるままになってしまいます。

なんと、

そこにつけ込んで悪さをしようする会社があるのですね。

ビックリしました。

 

ここで書く事は絶対に役に立つと思いますので詳しく書いて行きます。

レンタカーでトラブルに会わない為に参考にしてください。

 

1日目

レンタカーを借りに行く。

お店はガソリンスタンドのエネオス店舗。

 

予約時間通り行ったのに誰も待ってない。

店内で待つ・・・しばらく待つ・・・店員探しに行く・・・で捕まえた。

まぁいいやこのくらい。

 

料金はゴミのようなパッソを100時間程度で保険フルオプション

※結局1日で壊れてしまうが・・・

 

基本料金 17,400

免責補償料 5,400

免責補償プラス 2,700

スタッドレス 4,320

 

そう!

雪国では標準のスタッドレスが有料オプションです。

結構な価格ですね。

そりゃあ・・・良いタイヤを期待します。

 

で、実際はというと・・・・

 

 

え?

何!このタイヤ・・・・

溝が無い・・・上に堅い。

そしてタイヤワックス(油性つや出し)がベッタベタ・・・

さらに強烈なのが、

いわゆる引っ張りタイヤというヤツで、

ホイールサイズに対して小さいサイズのタイヤを履いてる。

・・・純正サイズホイールに・・・

 

マジかぉーーーーーーーー!!!!!

 

あまりに酷いので、

店員に「このタイヤマズイっしょ・・・・」って言ったら

 

「キレイでしょ!ワックス縫ってるし!( ・`ω・´)キリッ」

 

って言うもんだから、

キレイかどうかじゃなくて、もうタイヤとして機能してない!って返すも、

ちゃんと整備してると言い張る。

少し口論になった後、

仕方ないので、空気圧を少し高めにしてもらう。

 

外装チェックはモチロン凹みと擦り傷だらけ。

なんてメンドくさいんだ・・・

色々有ったけど、その後のとんでもないトラブルが刺激的過ぎて忘れてしまった。

 

で、走り出す。

市場価値は0円程度のゴミのようなパッソだけど、

まぁ、コンパクトで良い車かな。

オーディオは古過ぎてMDとか使えないし・・・AUXとか無いのかよ。

 

家族4人乗り込んで田舎に出発した。

 

これから起こる事も知らずに・・・・・

次回へ続く


テーマ:

突然ですがAXCR(アジアクロスカントリーラリー)初参戦記始まります

 

自分で言うのもなんですが、

気分屋にも程がある・・・

しかし、一度決めたら完遂するのが信条

 

で、事の発端から説明しましょう

 

AXCRとは、

東南アジアを舞台として繰り広げられるクロスカントリーラリー!

今回はゴールがアンコールワット!

 

 

という事で、

行きたいなー・・・と思っていたが、

休暇も参加する為の車両が無い!

 

と騒いでいたら・・・

 

休暇が取れ・・・

 

車両が見つかり・・・

 

 

エントリーした!!!!!

 

 

そこまでは良い

ただね・・・

見つかった車両というのが・・・

 

BMW F800GS

 

その時は、

へぇ〜 いいね そのバイク♪ 的な軽いノリ

 

しかし、

その楽観的な気分を打ち砕く過去のAXCRレポート・・・

 

ナニ! どろどろだと!?・・・

ナニ! 重量車は皆無だと(BMW MOTOは大会史上初)!?・・・

 

あぁ・・・なんて事だ!

右も左も分からないアジアンラリーに、

乗った事も無いBMW F800GSで参加なんて・・・

 

 

 

 

と、しばらく途方に暮れるも

気を取り直して準備を始める

 

急に参加を決めたので、

タイへ車両を輸送する日まで時間がない。

とりあえず、

車両を購入して自宅まで輸送した。

ナビ周りを微調整してタイに送り出した・・・・・

 

 

 

え・・・と思うかもしれないが、

車両の準備はホントにこれだけ・・・・

何もネタが生まれない程 急な話だった

 

仕方ないので、

現地の言葉を勉強

いざとなったら助けてもらおう

 

 

しかし

なんだろう

この文字

 

 

見た事も無い文字が並ぶ

 

 

そんなこんなでAXCR参戦記始まります


テーマ:
購入してからしばらくの間オンロードツーリングばかりだったけど・・・

とうとう林道デビュー!

言葉だけでは中々伝わらないので動画撮影!
エンジン音とか雰囲気が伝わるかな?

恐る恐る走り出す初林道



ヘルメットカメラを少し下向きにセッティングして車体が多めに映るようにした。



ちょっと慣れてきてスピードが乗り始める



時間がないので文章は後ほど (^^;

テーマ:
なかなか乗る機会がなくて走行距離が伸びないTS185

もう年末なので、
両親に会いに行く為、バイクで家を出たら・・・・・

なんていい天気♪
(・ω・)/

思わずふらふら~っと
ミスコースしまくり・・・


  気がついたらココに

TS185山中湖

山中湖♪

うん
良い富士山だ

そしてまたまた
ふら~っとミスコースしまくり

  気がついたらココに

TS185雪道

冬期閉鎖直前の十石峠

ココはいつも閉鎖ばかりだったので、
今回初めて通れたかも。

気温は・・・・ マイナス5度前後か。
今年初の真冬日を記録したらしい。



慣らし走行も終盤に近づいてきたので
少し感想を


とりあえず
排気音うるさい・・・
個人的には好きな音ですよ。
しかし、閑静な住宅街を走るときは恐縮してしまいます。

納車時装着の慣らし走行用海外製タイヤは思いの外良いグリップ

しばらく低回転での慣らしだったので
だんだんエンジンかぶってきた
パワーバンドの出始めぐらいで走っていると調子良い

ギアは5段だけどパワーバンド広めなので問題なさそう
減速比は幹線道路までカバーするツーリング向け
林道や小道ではもう少しハイギアにしたい

気になる燃費は・・・
慣らし運転で

28~33km/l

くらい。
思ったより良いな。
7リットルタンクだから、満タン200キロぐらいか。

エンジンのフィーリングは、
まだ高回転まわしてないから解らないが、
トルク感が有り乗りやすい。
エンストの心配しながら発進クラッチミートは必要ない。
トライアル車みたいで気に入った!

サスペンションは
フロントフォークの動きが渋いな。
オイルを柔めにしてみようかな。
リアサスは・・・・・ うーんうーん なんだろうコレ。

そして

ハンドル切れ角は・・・・・ 狭いよ~
(。>0<。)


どうにかならんかなコレ
Uターンとかタイトなターンはキツい・・・

タンクとのクリアランスは広めなので
ストッパーを削ってみるか


さて
これで走り納め

みなさん良いお年を

テーマ:
2スト好きの私としては・・・外せない1台。

TS185 ヘ(゚∀゚*)ノ

空冷2サイクルの新車があるんすよ!
新古車とかじゃなくて2015年モデル!

コイツは、
愛知県の豊川あたりで密造されているらしい・・・
が、
海外向けなので日本市場のラインナップにはないようで。

でも、注文したらすぐ届いた。
リアキャリアも付けてもらった

このバイクが生まれた場所の近くにあるお店で購入しました。
ラリー関係では色々お世話になってます。



石原商店 (うなぎ工房)



未だかつて
こんなピカピカの旧車乗った事ない

TS185ハンドルまわり

はじめて火を入れたときの音と匂い・・・

もう
たまらんです

ニヤけ顔が抑えられない

タンクの表示

タンクに書いてある注意事項はモチロン英語

早速、
ならし運転に出かける

色々やってみたい事とか妄想が広がる

オフロードを少し

買っておいたアチャルビスの樹脂ハンドガードは
まるで純正オプションのようにピッタリ!
後ろ姿

まだインプレッションを語る程乗っていないが・・・

フロントブレーキはプアだな
まあ、ドラムだからしゃあないか

車体は軽い
マフラーの音は図太い・・・ 間違っても軽やかな音ではない

ウィンカーデカい

ライトの配光は思いの外良い
電源は単相交流っぽい
電装品のLEDチューンは少し厄介かも

本日の走行距離

冬の澄んだ空を眺めながら
いつもの水戸藩カブの忘年会に向かう

ならし運転中なので、ゆっくり安全運転

しかし、
もてぎに向かう主要国道はほとんどバイパスで巡航速度が高い!

しかも、
なぜか解らないが、
車社会のこちらでは、
煽りまくる上に・・・ギリギリの距離で追い越して行く・・・
一歩間違えると死ぬって・・・
幅寄せって挨拶代わりなんだろうか・・・
コレで事故が起きない方が不思議だわ

旧車や小排気量はとても肩身が狭くなった
私は事故後からオンロードツーリングは控えるようになってしまった




でも、
TS185に乗ってる私の気持ちは上機嫌

華麗にスルーさせて
小道に逸れる

終止ニヤけ顔で走りきる
約400キロ

まだまだならしは終わらない

テーマ:
今年は私の人生を変える時

そんな中でこの映画の公開を知った

そして試写会に行ける事になった!


1977年にオーストラリア西部の3,000キロに及ぶ砂漠を単独横断した女性が著し­た回顧録を基に、『ジェーン・エア』などのミア・ワシコウスカ主演で映画化。24歳の­女性が4頭のラクダと愛犬と一緒に敢行した砂漠の旅を通して、出会いや経験を重ねてい­く姿をつづる。監督は『ストーン』などのジョン・カラン、『フランシス・ハ』などのア­ダム・ドライバーが共演する。オーストラリアの壮大で美しい自然と、過酷な旅に身を投­じるヒロインを体現するミアの熱演が見どころ。

http://www.cinematoday.jp/movie/T0014375
配給: ブロードメディア・スタジオ
http://www.kisekino2000mile.com
(C) 2013 SEE-SAW (TRACKS) HOLDINGS PTY LIMITED, A.P. FACILITIES PTY LIMITED, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, SCREEN NSW AND ADELAIDE FILM FESTIVAL




うんうん

そうそう

そうなんだよ!

こんな旅をする為に、
何年にも渡って準備を進めていたんだ!



しかし
運命とは非情なもので・・・
コツコツと積み上げたものは儚くも崩れ去り
まったくのふりだしに戻った

思った

計画なんざ練ってるヒマがあったら
飛び込んで行け



そんな心に引っかかったこの映画

せっかく試写会に御呼ばれしたので宣伝に加担しつつ

私にどんなメッセージをくれるか確かめてくる!





試写会はペアでご招待だけど・・・
あいにく独りなんだよネ 今は。

一緒に行く人いないかなぁ

テーマ:
最近、チラチラと目につくようになってきたワード

ミニマリスト

ってなんぞや?

最小限主義者?


ちょっと調べてみて私なりの解釈は・・・



老子さん曰く

足るを知る者は富み、強めて行う者は志有り

  満足することを知っている者は富者であり
  努力している者は志ある者であると言える



そして外国の誰かも曰く

Content is the philosopher's stone,
that turns all it touches into gold.


  満足は触れるものすべてを金に変える『賢者の石』である


つまりはこういう事だと思う


「ミニマリスト(最小限主義者)」 ってのは、

行動心理学的に行動することで認識が変わる



ということだろう

恐らく、
モノが無くても幸せそうな人が居るから、
形から入ってみようというヤツ



んで、
ミニマリストに異を唱えるブログもあったので読んでみると・・・

行動だけを真似ようとするものだからか
断捨離しまくって、ひたすらモノを少なくして必要そうなモノだけ残すとの解釈らしい
そしてその弊害を説いていた




ここでまた私の個人的解釈登場!

モノを少なくする・・・・ っていう
どこまで行ってもモノ基準なのは本質ではないと思う

ぶっとんだ言い方をすれば・・・


まわりに流されない心を持て!


って事なんじゃないかなぁ・・・・

 その高級ブランドの品は本当に必要なモノか?
 
 その広いスペースは生きて行く上で絶対に必要か?

 何かあった時に本当に頼れるのは知識や経験、仲間ではないか?

 その欲しいモノは他人が欲しがっているモノではないか?



たくさんのモノを持ってしまうと

それが誰かに奪われたり価値が下がったりしないかと不安にもなる



自分に芯を持って

本当に必要なモノだけ・・・  足るを知る




この写真はゴビ砂漠のど真ん中

どう頑張ったって必要なモノ以外は持てない

ゴビ砂漠のど真ん中


みんな

もっと旅に出ようぜ!


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス