[5度目の#MRI] こんにちは。 検査とはいえ、何度検査しても、あの騒音と閉所恐怖症の人はものすごく心臓に悪い場所…(^^;) あの工場現場のようなもの宇宙船みたいな騒音の中、精神のバランスを保つ為に[#瞑想]の#呼吸法が良いのはわかった。 まだ、MRI検査受けたこと無い方いたらスイマセン。 たまに、意識の手綱を、手放し寝てしまうと、また[騒音]に驚き、びくっ!と目覚め心が慌てて、動揺する。 騒音を受け取らない。ように#意識の手綱をしっかり捌いて、 騒音に惑わされない。 常に心を緊張し過ぎ無いように、干渉のバリアを張って意識して心が不用に波立つことを避ける。 心を外側に注意すると、やたらと気になるのと同じように、波立ち過ぎるとやはり、パニック状態になる人いると検査技術者は、言います。彼に聴いてみるとやはり、パニック状態になり精密検査できない御方もいるようである…(^^;) 動揺して波立つことは少なく出来ます。 堀田が、武道歴25年。 気功10年 太極拳25年、古武道8年初動負荷トレーニング10年などの経歴から構築した心と#姿勢と動きを整えるメソッドですから、濃さと深さが、違います。 現在、#武道.#運動指導者レベルにも有効な学びなのです。 全てが生活に役立ちバランスを最適化する土台を整える。 また基礎的な[#立つ座る歩く走る]を、再構築すると元々あった運動能力が向上する体操です。 #運動脳が底上げ出来るメソッドです。 #瞑想法もプログラムに含まれます。

Motonobu Hottaさん(@motonobu_h)がシェアした投稿 -

AD