今週のヘルスケアICTニュース、医療ICTニュース | ヘルスケアICTと医療機器のニュースを1週間分まとめて10分でチェック
新型コロナウイルスに関する情報について

ヘルスケアICTと医療機器のニュースを1週間分まとめて10分でチェック

診療情報管理士、上級医療情報技師、介護初任者研修の資格をもつ管理人が、医療行政、地域包括ケアシステム、在宅医療・介護、地域医療、遠隔医療、医療IoT、ヘルスケアICT、IoT、AI、EHR、PHR、医療機器、電子カルテのニュースを毎週発信。

■行政動向
○厚労省、令和4年度概算要求、健康づくり・PHR活用に9.7億円
○経産省、令和4年度概算要求、予防・健康づくりの社会実装に15億円

■ヘルスケアICT
○フィリップス、遠隔医療システムに「コロナ患者症状管理プログラム」新搭載
○AIメディカルサービス,世界初の胃がん鑑別AIを医療機器製造販売承認申請
○島根のERISA、脳画像解析でプログラム医療機器認証
○エクサウィザーズとアステラス製薬、歩行機能評価アプリを共同開発
○大塚製薬工場と富士通 患者の低栄養リスク予測でAIモデル構築へ

○住友理工、小牧市でフレイルチェックによる健康づくり事業を開始
○JMDCグループ、AIによる薬局の在庫適正化が実用段階へ
○健診結果から健康リスクをAIが予測、個別提案サプリ「リムサプ」
○CARADAオンライン診療、経産省ヘルスケアサービス社会実装事業の対象に

■国外動向
○オムロン、インドでの遠隔診療サービス事業拡大、テラルス社と連携強化
○SantenとAirdoc、AI活用で中国における眼疾患の診断率向上に向けて提携

-----------------------------------------------------------
○厚労省、令和4年度概算要求、健康づくり・PHR活用に9.7億円
https://www.mhlw.go.jp/wp/yosan/yosan/22syokan/
厚労省が8/31に公表した来年度予算。ICT関連は次のとおり。
・保健医療情報を医療機関等で確認できる仕組みの推進 23億円
・電子処方箋の安全かつ正確な運用に向けた環境整備 9.6億円
・全ゲノム解析等実行計画の推進    64億円
・ナッジやデータヘルス等を活用した健康づくりの推進(PHR活用)9.7億円
などなど
(同省 2021.8.31)
-----------------------------------------------------------
○経産省、令和4年度概算要求、予防・健康づくりの社会実装に15億円
https://www.meti.go.jp/main/yosangaisan/fy2022/index.html
経産省が8/31に公表した来年度予算。ヘルスケア関連は次のとおり。
・医療機器等における先進的研究開発・開発体制強靭化事業 52.7億円
・次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業 77億円
・医工連携イノベーション推進事業 24億円 
・予防・健康づくりの社会実装に向けた研究開発基盤整備事業 15億円
・健康・医療分野におけるムーンショット型研究開発等事業 1.5億円
・健康・医療研究開発データ統合利活用プラットフォーム事業 1.1億円
・ヘルスケアサービス社会実装事業 9億円
・ヘルスケア産業国際展開推進事業 4.1億円など
(同省 2021.8.31)
-----------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------
○フィリップス、遠隔医療システムに「コロナ患者症状管理プログラム」新搭載
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000134.000019698.html
同社は、インテグリティ・ヘルスケアと共同で開発し、2020年6月に
販売開始した遠隔モニタリングとオンライン診療をサポートする
遠隔医療システム「eHomeCare」に、新型コロナウイルス感染症の
自宅・ホテル療養患者へのケアを対象とした新しいプログラム
「コロナ患者症状管理プログラム」を搭載した。
(PRtimes 2021.8.31)
-----------------------------------------------------------
○AIメディカルサービス,世界初の胃がん鑑別AIを医療機器製造販売承認申請
https://www.innervision.co.jp/products/release/20211012
同社は、AIを活用した胃病変の腫瘍性・非腫瘍性を判定する内視鏡
診断支援システムを,医療機器製造販売承認を申請した。承認されれば,
AIを活用した胃領域の内視鏡診断支援システムとして,世界初の事例となる。
(INTERVISION 2021.9.1)
-----------------------------------------------------------
○島根のERISA、脳画像解析でプログラム医療機器認証
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC27ART0X20C21A8000000/
画像解析のERISA(松江市)は脳画像解析でプログラム医療機器認証を
取得したと発表した。認知症のリスク予測やうつ病などの気分障害の
診断を補助するシステムへの応用が期待される。
(日経新聞 2021.8.31)
-----------------------------------------------------------
○エクサウィザーズとアステラス製薬、歩行機能評価アプリを共同開発
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000089.000030192.html
国立長寿医療センター荒井秀典理事長、および順天堂大学・スポート
ロジーセンターと共同で医療従事者向け歩行機能を評価するスマホ用の
アプリケーションを開発し、このアプリを活用して回復期病院での
高齢者の運動器ケア支援の実証試験を開始しました。
(PRtimes 2021.8.30)
-----------------------------------------------------------
○大塚製薬工場と富士通 患者の低栄養リスク予測でAIモデル構築へ
https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=71649
国立がん研究センター、国立長寿医療研究センターと連携して
患者の低栄養リスクを予測するAIサービスを構築するための
探索的な共同研究を開始したと発表した。がん患者1万人分の
診療データを用いて、低栄養リスクの早期予測モデルを構築する。
(ミクスonline 2021.8.25)
-----------------------------------------------------------

○住友理工、小牧市でフレイルチェックによる健康づくり事業を開始
https://gomuhouchi.com/industrial/37584/
住友理工は、愛知県小牧市と締結した「健康づくり等の推進に係る
包括連携協力に関する協定」に基づき、同市から事業委託を受け、
1同社のフレイルチェックシステムを使った各種測定を開始する。
(ゴム報知新聞 2021.9.3)
-----------------------------------------------------------
○JMDCグループ、AIによる薬局の在庫適正化が実用段階へ
https://www.sanspo.com/geino/news/20210831/prl21083108520005-n1.html
JMDCの子会社である株式会社ユニケソフトウェアリサーチは、
AI(人工知能)を活用した保険薬局の在庫適正化サービスの実用化に
あたり、複数の薬局チェーンにおける効果検証に着手いたします。
(サンスポ 2021.8.31)
-----------------------------------------------------------
○健診結果から健康リスクをAIが予測、個別提案サプリ「リムサプ」
https://www.tsuhannews.jp/shopblogs/detail/67397
LIMNEはこのほど、定期健康診断の結果をWEBで入力するだけで、
これから4年間の機能不全リスク(肺機能、肝臓機能など10機能)を
分析し、A~Dの4段階で予測。一人ひとりに合ったサプリメントを
提案するWEBサービス『LIMSUP(リムサプ)』を開始した。
(通販通信 2021.8.30)
-----------------------------------------------------------
○CARADAオンライン診療、経産省ヘルスケアサービス社会実装事業の対象に
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000017725.html
株式会社カラダメディカが実施する、オンライン診療システム
『CARADA オンライン診療』を活用した医療介護現場における
「通院・往診不要」サービス検証事業が、経済産業省による令和3年度
「ヘルスケアサービス社会実装事業費補助金(地域や職域の課題に
応えるビジネスモデル確立に向けた実証事業)」の対象事業として
採択されました。
(PRtimes 2021.8.30)
-----------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------
○オムロン、インドでの遠隔診療サービス事業拡大、テラルス社と連携強化
https://www.healthcare.omron.co.jp/corp/news/2021/0831.html
オムロン ヘルスケアは、糖尿病や高血圧症などの慢性疾患管理
サービスを展開するインドのオンライン診療サービスプロバイダで
あるテラルス社と2020年7月より業務提携。2021年7月にオムロン
ベンチャーズよりテラルス社への出資。両社の業務連携を一層加速させ、
インドにおける遠隔診療サービスを展開。
(同社リリース 2021.8.31)
-----------------------------------------------------------
○SantenとAirdoc、AI活用で中国における眼疾患の診断率向上に向けて提携
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000074428.html
参天製薬と人工知能(AI)による網膜診断分野のトップ企業である
Shanghai Airdoc Medical Technology Co., Ltd.(中国)は、
眼疾患の診断率向上を通じて、中国における目の健康を推進していく
ことを目指し、戦略的提携を行ったことを発表しました。
(PRtimes 2021.8.31)
-----------------------------------------------------------