日向坂の東京ドーム公演は単に中止なのか?(櫻坂に回せない?) | 超絶メタアナリシス

超絶メタアナリシス

~女性アイドル論を中心に、政治・経済、スポーツ、芸能などなど、時事問題を独自の視点で分析~
☆☆☆ 都心(台東区)在住です ☆☆☆

昨日、日向坂46の東京ドーム公演の中止&延期が発表されました。

 

あくまでも「今年中止」で、来年に満員のドームで祝いたいビックリマークとのこと。

 

今年開催ぶんについては、日を変えてクリスマスイブに配信ライブをやるそうです。

 

 

 

 

【当初の予定】

12/6,12/7 2days(in 東京ドーム)

【変更後】

12/24 配信ライブ

ということですね。

 

ところで、2日間押さえておいた東京ドームはどうなるんですかね?

 

ただ単にキャンセルするだけ?

 

別の用途に流用なんてことはないのかな?

 

たとえば、櫻坂46のデビューカウントダウンライブにとか?

 

ひょっとしてひょっとしない?

 

 

思い返せば2018年の年初1月、武道館公演が予定されていた欅坂46は、不慮のアクシデントによって日向坂46(当時の名称は”ひらがなけやき”)に公演を譲る形となりました。

 

神様は、今回、その逆のことが起きるよう、配慮してくださったとかないのかな?

 

過去の歴史をたどるならば、最初は、欅坂46(漢字欅)にばかりスポットライトが当たり、ひらがなけやきは日陰者扱いと言われた...

 

その後、ひらがなけやきは運をつかみ、武道館公演からの~ぉ、改名、さらには紅白出場まで、一転恵まれた立場となり、逆に欅坂46(漢字欅)に逆風が吹くようになった...

 

そろそろこの流れは再び逆回転したりするんじゃないだろうか?

 

 

日向坂の東京ドーム公演で一度検討したということは、その検討の会議の場で、他の作戦・選択肢についてもいろいろと意見が戦わされたに違いないはず。

 

その一つに、”政府発表のガイドラインにそったキャパシティーでの櫻坂46のデビューカウントダウンライブ”があったりしてもおかしくはないんじゃね?

 

ひそかに期待しております。

キョロキョロキョロキョロキョロキョロ