AKB世界選抜総選挙・観戦レポ(6/16) | 超絶メタアナリシス

超絶メタアナリシス

~経済、スポーツ、芸能などなど、時事問題を独自の視点で分析~

目指せ! ブログ作家!!


テーマ:

往復夜行バスという強行軍から戻ってきました...

東京駅に5時台に着き、帰ってきて、この記事を書いています。

総選挙は、昨日付けの記事に書いた通り、私の席は1塁側スタンドの前から4列目であり、アリーナ席の方よりも身長1つぶん高い位置でしたので水平的には理想の位置。

ほぼ、メンバーや徳光さんと同じような目線で見れました。

生々しい実感を感じました...

以下、感想をば。


1.生存本能...

アリーナよりも小高い位置というメンバーとほぼ同じ標高の場所で感じたことは、48グループのメンバーたちの”生存本能”です。

”生の鼓動”を感じました...

とくに在宅の人なんかは、彼女たちはテレビの画面のなかで動いている存在だったり、ステージ上でパフォーマンスをするのが仕事だと思ってると思うが、そうじゃない...

一人一人が生きているんです、それも違う人生を生きている...

開票の前に、立候補した全メンバーが大モニターに一人一人映し出され、300人にも及ぶその一人一人の紹介を見ていた、というより見させられたのですが、その後のランクインしたメンバーたちのスピーチともあいまって、彼女たちをひとくくりにして見ちゃぁいけない...

一人一人に顔があり、名前があり、そして人生があるのだということを実感しました。

彼女たちがランクインを目指すのも、順位が上がることを目指すのも、それは必ずしも出世栄達を目指してるわけじゃない...

それはむしろ、生き抜こうというサバイバルのため...

48グループとは、彼女たち一人一人にとって職場であると同時に、それ以上のもの。

生活の半分以上を過ごす場所でもあるんだということです。

年老いた母に申し訳ないと思いながら活動を続ける松村香織、16歳ながら「青春のすべてを捧げて悔いはない、HKTは最高の居場所です」と語った田中美久、他の場所からはるばるやって来て今は根づいている惣田紗莉渚に大場美奈,矢吹奈子...

こういった48グループにからだごとどっぷり漬かったメンバーたちもいます。

48グループには一時期卒業ラッシュがありましたが、いま残っている子たちは、卒業すると、他に行き場所がなかったり、あっても生き甲斐がなかったりする子たちばかりなんだろうと思います。

結局、私の昨日付けの記事では「卒業発表を誰かがするだろう」と書きましたが、一人も出ませんでしたね。

咲良たんも、選挙にはもう出馬しないけど、卒業はせずアラサーまで続けていきたいとコメント...

かなりのメンバーにとって、ここが生きる場所になっている...

そういう意味では、1位の松井珠理奈の「もう一度(坂道シリーズから)トップアイドルの座を奪い返したい」というスピーチは、その言葉通りにしか意味をくみ取れないようでは、わかってないとしか言いようがない...

”感性”の足りない鈍感人間だとしか言いようがない...

あれは、自分と仲間たちの生きる場所を守りたいという意味でもあるんだな...

だとすれば、1位の座を決める総選挙というものは、48グループ全体の「労働組合の委員長」を決める選挙なのかもしれません...

誕生したのは、女王ではなく、腕力ある労組の委員長...

すなわち、”松井珠理奈労組委員長”が誕生したのだと言えると思います。

反面、あまりにも生存本能を主要メンバーが意識すぎるがゆえの弊害も感じます。

岡田奈々の「48Gヲタクを続けていってくれ」というスピーチも、珠理奈の「トップアイドルの座を奪い返したい。それはファンの皆さんと信じあえばできる」というスピーチも、後にも述べるように、”ライト層”離れを加速させていくことになると思います...


2.勝ったのは珠理奈ではなく、ノブナガだ

1位が決まり、そしてスピーチを聞いていて思ったのは、秋元康氏の仕掛けはまたまた当たったなと...

勝ったのは松井珠理奈ではない...

”ノブナガ”だ!

『マジすか学園3』のドラマが墓場からよみがえったのだ!!

それも、マジすか3の生き残りである大場美奈を引き連れて...

そう思いました...

予定調和だと思われていた今年の総選挙ですが、それでも秋元康氏は演出を用意していたのか...

『マジすか学園3』の設定が走馬灯のように私の頭の中をぐるぐると駆け巡りました。

マジすか2までは「センター」という役名を与えられ、「センネズ」とワンセットにされていた松井珠理奈ですが、マジすか3では「ノブナガ」というまったく新しい役名を与えられました。

しかも、舞台は監獄,テーマはサバイバルです。

他に行き場所のない監獄という場所は、上の1で書いたようにいまの48グループを表わしているかのよう。

その設定のなかで、珠理奈は、囚人たちのボスのような役割を演じます。

『マジすか学園3』は予言ドラマだったのでしょうか...

だとすれば、秋元康氏のセンスはすごいとしか言いようがありません。

 

だから、「珠理奈おめでとう!」じゃないんだよ...

 

お祝いのひと言を言うなら、「ノブナガ様、お見事でございます」だよ。

 


3.スピーチの”質”(クオリティー)

今回、現場で生で100位から1位まで、すべてのスピーチを聞きました。

選抜とそれよりも下のメンバーとで、明らかにスピーチの”質”(クオリティー)が違いますね。

なぜか、選抜メンバーのスピーチのクオリティーは高品質。

台本があるわけじゃないのに、また、票を入れたファンですら誰が選抜になるか発表までわからないというのに、選抜メンバーは選ばれるべくして選ばれているということが、スピーチの質から納得できる気がしました。

選抜メンバーは、ほぼすべてのスピーチが質が高い...

アンダーガールズでも、かなりのメンバーのスピーチの質が高い...

それが、ネクストガールズ、フューチャーガールズ...と下になっていくに連れて、平凡さや普通さが増していく...

不思議なもんです。


4.スペインは無かった...

おとといの記事に「ドイツよりもスペインのサッカーのような48Gを望む」と書きましたが、48グループにはスペインは見つかりませんでした(苦笑)。

 

勝った陣営は、みな、ドイツ代表のよう。

特にSKEは、ドイツ代表が10チームも20チームもいるような印象でした。

あらためて、その地盤の固さをまざまざと見せつけられました。

岡田奈々が「AKBが1位争いができないのは残念だ」と言っていましたが、グループとして見るなら、1位争いうんぬん以前に、組織力の質の低さや勝負弱さが露呈しています。

SKEがドイツだとすれば、AKBは日本代表のような感じがしました...

SKEのパワープレイは、アンダーガールズをしっかりと固め、選抜には5人を送り込み、最後はワンツー・フィニッシュで有終の美を飾りました。

各選対本部の組織力はすごいものがありますね。

彼ら、10年も選挙戦を戦ってきているわけですからね。

 

STUなんかは、残念ながら、選対本部の組織がSKEとは雲泥の差がある感じです。

 

SKEがドイツ代表なら、STUはまだまだW杯に出る前の予選を戦っているというところでしょうか。

以上を総括して最後にまとめると、SKEの各陣営をはじめ、組織票をゴリゴリに積み上げるパワープレーのようなファン行動によって、いまの48グループに新しい風が吹くのはどうやら難しそうです。

岡田奈々は「ヲタクの皆さん、しっかりとヲタクを続けていってください」と言ってましたが、私の体質的には、どうやら合わないかなー

スペインは、48グループの中にはなく、乃木坂にあるような気がしました。

私は、今まで通り、坂道シリーズ寄りで、48グループはライト層として見ていくのが合っていると再認識しました。

このライト層にちょっと身を引かせてしまう空気・雰囲気は、1でも述べたように、現状および近未来の48グループの課題だとも思います。

また、48グループという場所は、乃木坂の西野七瀬のようなキャラクターが花開くのは難しい場所だといえるかもしれません...

 

女性らしい、守ってあげたくなる感や、たおやかさ、などの実現が難しそう。


5.私の推しメンたち

私の推しメンたちは、3人とも前年度よりも順位を上げました!

 

田島芽瑠、40位→26位
坂口渚沙、69位→47位
福岡聖菜、32位→31位

みんな、おめでとう!!

聖ちゃんだけは目標には届かない感があったけど、でも、スピーチはアンダーガールズのなかではピカイチだったよ!

 

素晴らしかった!!


6.テレビ中継について...

人選が場違いだったと事前にウワサされていた長嶋一茂さん...

現場のモニターにも何回か出てきましたが、そんなことはありませんでした。

帰ってきてから録画も見ましたが、おなじく...

ちゃんとリスペクトしていたし、コメントもそれなりでした。

やっぱり、一茂さんもプロ野球というサバイバルの世界で生きていたから、そのへんを肌で感じることが出来ていたのかな、と思いました。

さっしーも、出すぎたことはせず、控えめにしていて、さっしー嫌いの人もこれだと納得なんじゃないでしょうか。

一番、そぐわなかったのは、ミッツマングローブだったかな?



最後、決戦前のナゴヤドームの風景を載せておきます。

 



そして、場内通路に飾ってあったお花です...

 




取り急ぎ、レポ、書き上げました!






 

 

 

P.S.

【6/18追記】せいちゃんスピーチ全文です。

 

 

 

 

 

 

 

 

モトカーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス