本橋テープブログ

リサイクル素材は主にポリエステルが主流となっています。

当社でもリサイクルのポリエステルを扱っていますが、

今回ご紹介する物はリサイクルのナイロンです。

当社はリサイクル商材が流行ることを察知しいち早く協力工場を見つけ、

ついに定番化することが決定いたしました。

 

 

今回は当社新製品のリサイクルナイロンについてご紹介いたします。

まずは、なぜリサイクルナイロンの取り扱いを始めたのか

その理由からご説明いたします。

 

近年世界中でSDG′s(持続可能な開発目標)への取り組みが強化されています。

ファッションブランドではプラダが扱っている全てのナイロン製品を

2021年までに全てリサイクル品に変更する動きがございます。

アウトドア商品で有名なパタゴニアは、

2020年のギアに使われたナイロンのうち81%がリサイクル由来となっています。

その他も、様々な業界で環境問題への取り組みを示す動きが高まっています。

それに伴い今後はリサイクル商品のご注文・お問い合わせが

増えると予想し、当社は世界中での販売実績もある台湾の

トップ原糸メーカーの協力の元、リサイクルナイロンテープを開発し、

定番商品としてスタートいたしました。

 

 

ここからは当社で取り扱うリサイクルナイロンについてご説明いたします

リサイクル糸には大きく分けて2つの種類がございます。

Pre-consumerとPost-consumerです。

この2つの違いをざっくりご説明しますと、

リサイクル原料が消費者に届く前の素材か届いた後の素材かの違いです。

当社では消費者に届く前。

つまり、工場で出た廃材をリサイクルして作っております。

品質・性能に関してですが、

染色性に関しては問題なく堅牢度を保つことができます。

風合いに関しては通常当社で取り扱っているナイロン糸に比べると柔らかくなります。

もし実際に見てみたいという方はサンプル帳等もご用意しておりますので、

ご希望の方は弊社営業までご連絡ください。

 

今後は、リサイクル品の取り扱い(ポリエステルやその他素材)を増やし、

環境問題への取り組みにも力を入れて行きたいと思いますので、

エコ素材にご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。