ゆるゆる日記

ゆるゆる日記


テーマ:

私は自分のことを「きわめて普通」な人間だと思っている。

どういうふうに「きわめて普通」なのかと言うと、
たとえばスマホの導入とか、
エコカーの購入とか、
地デジ化とか、
大ヒット映画とか、
FaceBookとか、
尖閣とか。

パソコンやブログの世界に足を踏み入れたのは仕事柄早かったけど、
それ以外は「きわめて普通」。
「普通さ」の基準となる「真ん中ライン」を「きわめよう」という気持ちが強いのだ。


最近、「LINE」に入った。
入る時期には注意した。

「めんどくさいこと」が、とにかくめんどくさくて嫌なので、
「これは入っとくべきだろうな」という判断は、常に時流に任せている。
というか、
「教えてくれる人」がそのへんにゴロゴロいるようになるまでは「入らない」。
説明書とか操作方法とか読んだりするの、
死ぬほどめんどくさくて絶対嫌だからね。

つまり、時期的に言えば、

「へえ、そんなのあるんだ」
   ↓ ↓ ↓
「確かに便利で楽しそうだな」
   ↓ ↓ ↓
「やっぱ流行ってるんだ、へえ、もうそんなに」
   ↓ ↓ ↓
「で、どうなの? 使い勝手」
   ↓ ↓ ↓
   入るか。

という「時流」のちょうド真ん中に、
まるでサーフィンでもするように「乗っかる」ようにして加入するわけだ。

「LINE」もそのようにして入った。
入るとすぐに、電話帳の電話番号で検索して、
「このお友達はLINEに加入してますよ。いつでも無料でつながりますよ」
というリストをアプリ本体が出してくれる。

その顔ぶれを見ると、みな、「そういうのは早そうな人」。
人数は、やはり電話帳の総数のちょうど半分くらい。

おお、やったぜ。

LINEに関して俺は、
ちょうど普通の人。



「自分が“流行る”と思ったことは流行る」という自信のある人は、
「感覚が敏感で、キャッチが早い」のではない。

行動パターンが「きわめて普通の人」なのだ。

そして、「普通の人」の数は多い。
数多くの「普通の人」が「やろうかな」と思えば、
そりゃヒットするさ。
私はそう、思っている。



さて、尖閣。
「こまったものだな」と思っている。



(…つづく)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


その種のストレスは、はたして我慢するべきものなのか、我慢していれば不平等感さえ克服して平気になるものなのか、はたまた闘えば気づいてくれるのか、どうするべきなのか、

....などということを考えるのにもとうに疲れ果てた21時PM。僕は静岡県伊豆半島の伊東という街にいた。

駅までの道を独りでひたひたと歩き、キネマ通りという人通りの消えたアーケードを戻って帰ってくる途中、

デジャヴを見た。

アーケードの真中へんでベンチに座ってタバコを吸っていたら、ひとりの茶髪の男が近づいてきて、隣に座ったのだ。

僕はいつかどこかでその光景を体験したことがある。場所まで同じだ。伊東の街である。

「あ、デジャヴだ!」

実をいうとその日、デジャヴは初めてではなかった。なんとなく頭をかすめる程度の風景のフラッシュバックは昼間にも何度かあったのだ。


でも、ひとりきり、伊東なんていう滅多にこない街を不思議な精神状態でぶらついていたものだから、夜がふけるにつれ、伊東の街を散策するにつれ、さらにホテルの露天風呂に長居するにつれ、デジャヴはさらに頻発してくる。

もう、10分に一度くらいの割合で、現実世界にデジャヴがスッと割り込んでくる。こんな頻度のデジャヴはひさしく経験した覚えがない。

しかもそのデジャヴは、「見たことのある光景」とかいう絵葉書のようなクッキリ感ではなく、まるで、匂いによって呼び覚まされる過去の記憶のようなカンジで、サブリミナルのようでもあり、しかもストーリ性まで帯びている。


サウナと露天風呂でデジャヴの嵐に襲われて、「なんなんだコリャ?」と思いつつ、マッサージチェアにぶるぶると揺られながら考えていた。

もちろん、デジャヴを「予知的感覚としてのデジャヴ」の一言で片付けるのは簡単である。

あるいは、僕が昔、日本各地を旅していた時の記憶の片鱗なのではないか、と考えることも可能である。

でも僕の場合、デジャヴは、やはりそれらとは違う。


そしてマッサージチェアが規定の時間を過ぎて、ピタリとその動きを止めた瞬間、

はたと思いついた。

もしかしてデジャヴとは、「もう憶えていない夢」との“重なりあわせ(シンクロ)”なのではないか?


我々は寝ているあいだに、夢を見る。でも、おおかたの場合、目が覚めると、夢を忘れてしまう。

でも「夢」であろうと、忘れられた記憶は、「思い出せない」だけであって、かならず脳のどこかにしまわれているはずだ。

たとえばそれは、夜の伊東という街を舞台にした、かなり現実的なストーリーを持った夢。

その夢に極めて近い、雰囲気やら匂いやら色やら景色やらを、現実の伊東の街で目にした時、

我々は「あ、デジャヴだ」とは思わないだろうか。

それが正体だったりは、しないだろうか、

などと、考えたりする、伊東シティの23時PM。(ホテルのPCより)



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

ジャンル人気記事ランキング アラフォー女子ジャンル

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。