天皇杯3回戦・松本山雅vs浦和レッズ 20180711 | motocafe  白緑ブログ

motocafe  白緑ブログ

冬は白馬でスキー!春~秋は松本山雅FCを動画で応援するブログです!そして松本山雅のホームタウン安曇野市の動画もアップしていきます。


テーマ:
7月11日 天皇杯3回戦は浦和レッズ戦です。やはり浦和との対戦にはワクワクするものがあります。仕事を強制終了してアルウィンに駆けつけました。

アルウィン開場


天皇杯取りたいならば


GK登場 


頂き・蹴散らせ


浦和の皆さん、平日ですがお集まりいただきありがとうございます。


スタメンチャント


選手紹介


信濃の国


選手入場


10分:松本山雅FC 永井 龍


42分:浦和レッズ マウリシオ
85分:浦和レッズ マウリシオ


試合終了


後半30分ぐらいから激しい降雨となりました。浦和の皆さんお疲れ様でした。来期対戦できるよう頑張ります。

試合詳細

前半10分、山雅は下川、セルジーニョ等が左サイドでボールを奪いパスを回して浦和ゴールに迫り永井の足技で先制!その後も山雅はショートカウンターを織り交ぜて浦和を攻めたが42分、柏木のCKを槇野が頭でマウリシオへ繋いでゴールし同点に。後半は高い湿度の影響で山雅は足が止まり押し込まれて防戦一方となるがよく耐え延長戦も見えていた85分、CKで失点し万事休す。
2失点とも柏木のCKからマウリシオ。1点目は槇野の頭で折り返しにマウリシオをフリーにしてしてのもの。2点目はパウリーニョが付いているが何も出来ずで、飛び出した守田もボールに触れることができなかった。柏木のCKの速度が守田のイメージよりが速かったということかもしれませんね。
マウリシオに今回温存の飯田が付けば結果は違っていたのかもしれません。そして前田大然でのチャレンジも見てみたかったですね。ちょっと残念。
1点目の失点では目の前でのマウリシオのヘディングシュートを田中隼磨が頭でクリアしようとしていますが至近距離すぎてクリアならずで悔しかったでしょう。試合終了後、阿部勇樹と抱擁し話し込んでいる姿に彼の深いキャリアを見た気がします。そして試合終了目前にパウリーニョが柏木との接触で倒れ担架で運ばれるという事態に。軽傷であることを願います。

結果は残念でしたが、これで今期はリーグ戦のみのシンプルなチャレンジになりました。願いが叶えば来期リベンジも可能です。皆さん、ワンソウルで闘いましょう!<(_ _)>
にほんブログ村 サッカーブログ 松本山雅FCへ
にほんブログ村

motocafeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス