気合い

テーマ:

海外で本部流のセミナーを開いたりすると、ときどき気合いについて質問を受けることがある。そういうとき、少し困ったな、と思ってしまう。ここでいう気合いとは、型の中の見せ場のような箇所で発する気合いのことである。

 

大道館の稽古では、型の中で気合いは発しない。支部・加盟道場の中には競技空手の試合に出場しているところもあるから、そういうときは気合いを発しているだろうが、本部流では元来型では気合いは発しない。――いや、そもそも空手の型で気合いは発しなかったのである。

 

型の中の気合いというのは、おそらく戦後始まった伝統ではないだろうか。それも、競技が本格的に始まった昭和40年代以降のことだと思う。流会派によっては、もう少し前から気合いを使用していたところもあるかもしれないが、それでも戦後の伝統であろう。

 

もともと、空手の型というのは、どちらかと言えば、息を潜めて、動作も音を立てないように――道着をパーンと鳴らしたりしない――行ったものである。これは稽古自体、秘密裏に行ったからである。

 

本部朝基は、戦前の琉球新報の座談会記事で、以下のようなことを語っている。

 

昔の武術者は何を目標にしていたかと言うと、昔は手を習うにも隠れて人に見られぬように、こっそりと先生の家に通ったもので、それも夜の明けきらぬ暗いうちに行き、巻藁を稽古するにも音を立てないようにしたものだ。棒の稽古などもカチカチ音たてぬように藁を巻いてやったものである。(『琉球新報』昭和11年11月10日)

 

ここでは、型については述べられていないが、不用意に音を発しないで稽古した当時の様子からして、型でも気合いなど発しなかったことは容易に想像できるであろう。

 

「演武」の場合、どうだったのか。そもそも空手の演武自体、滅多になかったので不明である。まれに冊封式のあとなどで国王の御前で演武することはあったようだが、やはり気合いなど用いなかったと筆者は考えている。礼法の観点から考えても、国王に向かって大きな声を発したりするのは、考えがたいと思うからである。もちろん示現流のように、伝統として許容されている流儀の場合、認められたであろうが――。