山根流

テーマ:
山根流(やまねりゅう、ヤマンニーリュウ)は、沖縄の棒術流派である。開祖は知念三良(1842-1925)とされる。戦後の継承者は、孫の知念正美氏(1898-1976)である。
 
山根流は、本土ではあまり馴染みのない流派であるが、沖縄の棒術としては名門流派である。そもそも今日の沖縄の棒術の系統の大半は、下の図にあるように山根流の流れを汲んでいる。
 
 
大正時代の新聞記事に、知念三良は本部朝勇先生と一緒に沖縄県師範学校で演武をしている様子が記されている(『琉球新報』大正7(1918)年3月21日記事)。このとき招待された演武者たちは、当時の沖縄唐手古武道界の頂点に君臨する人たちであった。おそらく知念三良は朝勇先生とも何らかの交流があったのだろう。
 
本土出身者で最初に山根流を学んだ人は、当時東大生で『拳法概説』(1930年)の共著者である三木二三郎(みきじさぶろう)であったことは、あまり知られていない事実である。三木は昭和4(1929)年の夏に沖縄を訪れ、知念三良門下の大城朝恕から棒術を学んでいる。
 
三木二三郎(『拳法概説』より)
 
『拳法概説』には、山根流の棒型のうち、周氏の棍、佐久川の棍、白樽の棍の3つが図解付きで紹介されている。一夏の沖縄訪問でこれだけ習ってきたのなら、たいしたものである。
 
さて、上原先生の初期弟子である比嘉清徳先生は、上原先生に師事する前、知念正美氏に師事していた。そして、昭和35(1960)に山根流の師範免許第一号を授与されている。この免許状には「山根流家元 知念正美」と署名され、その下に花押が記されている。
 
比嘉清徳先生の山根流師範免許、1960年
 
正美氏が出した師範免許はこれ一枚だったそうである。ある有名な古武道家が正美氏に師範免許を出してほしいと頼んだところ、「比嘉君のような棒の一振りができるならあげてもいい」と言われて、ていよく断られたという(注1)。
 
上にあるように、山根流は沖縄では珍しく家元(宗家)制を採用した流派であった。また、このように正式に師範免許を出していた流派も沖縄では珍しいと思う。上原清吉先生も師範免許を出していたが、生涯で5人しか出さなかった。
 
一般に師範免許制度を採用する流派では、師範の資格がなければ正式に流儀の技を教授することはできない。もちろん師範でなければ、いかなる段や称号も発行はできない。それゆえ、比嘉清徳先生の武芸館は、現在山根流を教授する唯一の正統な道場ということになる。
 
知念三良と朝勇先生との関係で思い出したことがある。それは、知念三良が生前、あるお祝いの席で三尺棒を持って、棒の舞のようなものを披露したことがあったが、それは大変見事なものだったそうである。この話は比嘉清徳先生のご子息の清彦先生から以前伺った(比嘉清彦談、2013年8月30日)。
 
知念三良は何らかの「武の舞」を知っていたのだろうか。即興的なものだったかもしれないが、あるいは失われた「舞方(メーカタ)」の一種のようなものだったのかもしれない。昔の棒術の大家は単なる「型名人」ではなかったことをうかがわせるエピソードで興味深いと思った。
 
注1:伊舎堂博和『神道流夢幻の術』、101頁参照。
 
参考文献
伊舎堂博和『神道流夢幻の術―武聖比嘉清徳の神技』文芸社、2004年