鈴鹿NEO STANDARD《CBR/VTR/G310R》レース編。 | Moto Art Sasaki 石川県 バイクショップBMW&DUCATI正規ディーラー
みなさんこんばんは中森です照れ
今日はいよいよレース編を書いていきますほっこり


まずは予選があります!!
予選の前にブリーフィングがあります。
毎回ルール説明や注意点があり毎回出席しなければなりません。プロの方も毎回ブリーフィングを受けてます。コースインするときの注意やフラッグの確認。最近あった事故の例。決勝のときの流れの説明などなど毎回同じ説明を聞きます。
モータースポーツはルールがあってこそのスポーツなのです。
ピットレーンは60km制限やガソリンを違う銘柄を混ぜてはいけないとか色々あります。
そして驚きなのがブリーフィングに遅刻すると再受講しなければならず再受講料を払うことになりますアセアセ

話を戻しますが予選の結果で決勝のグリッドが決まるので非常に重要になってきます!!
予選は社長がかなりのタイムを出してライバル達に格の違いを見せつけた結果になりました!!


実は予選最初の1週目で赤旗が出まして
一時中断になりピットに戻ってきたの図ですアセアセ


ハンデで各クラスの前回優勝者と2位のライダーは後方からスタートとなります。


決勝では必ず1回はピットインして1人で走るチームは右腕に付けた腕章を交換しなければなりません!!
絶対に1人で出来ないのでいつもお手伝いに来て下さる方々には感謝しかありません拍手
ありがとうございますほっこり


走行中の写真がなかなかないので
あとは鈴鹿サーキットをG310Rで走るとどんな感じなのか私目線で恐縮ですがお伝えしてみようと存じ上げますねー 




まず第1コーナー
こちらは160km前後で入ります。
ギアは6速のまま
アクセルを少し戻してブレーキはかけません。
向かい風だと150km前後しかでません。

第2コーナー
バイクは傾いたままギアを1つ落として
5速で入ります。
ブレーキはかけません。

S字コーナー
登ってます。
いかに第2コーナーでスピードを殺さず登りきりかで小排気量ですからここで大きくタイムが違ってきます。
左→右→左とリズムよくアクセルワークのみの操作です。
実はちょっと左2個目が荒れてます。

逆バンク
ここで少しキツイコーナーになりますのでアクセルを戻しながらスピードを調整します。
そしてまた結構な登りです。

ダンロップコーナー
なかなかの登りで小排気量マシンにはキツイところです。
左に倒してアクセル全開で登ります!!

デグナーカーブ
1個目アクセルを少し戻してブレーキはかけません。ここでインに寄っていてアクセルをラフにあけるとバイクが暴れますアセアセ
2個目はブレーキをかけてギアを1つ落として4速でスピードを調整
ラインを外すと後の加速に影響しますアセアセ

ヘアピン
女性のヘアピンの形をしているそんな由来のコーナー。
デグナーカーブから5速全開できてブレーキ強め。ギアは3速。
立ち上がって4速にして

二輪専用シケイン
ブレーキを引きずりながらコーナーに進入。
すぐに切り返して立ち上がっていきます。

スプーンカーブ
5速全開できてブレーキはかけずそのまま進入。
フロントかなり暴れますアセアセ
コース外へ飛び出すこともしばしば笑
怖いもやもや

バックストレート
もうひたすら伏せて全開アセアセ 
実はかなりの登り坂なので小排気量はなかなかスピード伸びません。
スプーンカーブをいかにうまく立ち上がるかで後のスピード、タイムがかなり変わります。
あとは前に走っている人がいればラッキー
スリップストリームを使えばスピードがめちゃくちゃ伸びますグッ

130R
全開のまま150kmぐらいで進入。
フロント暴れますアセアセ
でもアクセル緩めたらダメ笑
そのままの勢いで最終コーナー
 
日立オートモティブシステムズシケイン
長い名前。
フルブレーキングでパッシングポイント。
ここで抜けばもうゴールなのでみんなここのブレーキはかなり頑張ります。
ただブレーキを頑張るので転倒もめちゃくちゃ多いですアセアセ
そんな感じで1週終わりです。

まだまだ細かいところなどありますがG310Rだとザッとこんな感じでの走りになります。
たぶん。







今年のモトアートササキとしてのレースは終わりましたのでまた来年に向けてトレーニングしたいと思います!!
来年も熱く頑張ります!!
レースに参加された方、お手伝いしてくださった方みなさんに感謝ですOK
また来年盛り上がりましょう拍手
このブログを見て参加してみたいと思った方いらしたら是非一緒にやりましょうOK
ピットクルーでもいいですしただただ観戦だけでもいいですしバイクで走ってみたいとかなんでもいいですOK
こんな世界もあるんだと見てみるのも面白いかもしれませんねルンルン
メンバー2人は毎回名古屋から応援に来て下さってます拍手


今日のおまけ
うちの社長カッコいいグッ
尊敬です拍手