父の祥月命日参り(4年に1度(笑)) | 躁鬱病持ちバツイチ子無しのだらだらdiary
新型コロナウイルスに関する情報について

躁鬱病持ちバツイチ子無しのだらだらdiary

躁鬱病持ちバツイチ子無しが日常や趣味の事をだらだらと書いています。
よろしくお願いします。






おはようございます。



毎度閲覧有難う御座いますm(_ _)m



昨夜は失礼いたしました、
急に、くたばってた、
もとみさんです。


でも、まだ、
本調子ではないです。



実は、昨日、
父の祥月命日にて、
お骨を預けている、
お寺さんにお参りに
行ってきました。


2月29日に亡くなっているので、
4年に1回、んな訳無く!


今年が、
ホントの本命日にあたります。

オリンピックが開催される年に、
亡くなったと言えば、
忘れもしませんね。


それで、
本来、今月の29日に、
お願いしたかったのだが、

お寺さんが忙しくて、
前倒しで昨日行なってもらいました。



たまに、
月命日も行ってたので、

お坊さんのお経を聞きながら、
滞りなく終わったのですが。

今回は、
お位牌を持っていったせいか、

帰り、何だか気持ち悪くて、
モヤモヤしてんです。



赤髪の呑んべぇさん(妹)が、
運転する車で、
母と私も同乗して行ったのですが、

お昼時とあって、
何処かで昼ごはんを食べようと、
母が言ってたのだが、

帰りたくて仕方なかったのです。



そしたら、妹が、
「え?このまま行くの?
お位牌さん、乗せたまま?
店に入る時、車に置いて行くの?」
と、指摘したので、

母「そうね、
一旦、家に置いていこうか?」
と、言ったのをキッカケに、

私「あ、じゃあ、
私、昼は行かないから、
ついでに降ろして!

昼ご飯の後、いつもの如く、
母達、買い出しに行くんでしょ?

私は、二代目ワンコが、
心配だから(口実だか本音)家に居る!」

と、渡りに船とばかり、
家に帰りました。


母「でも、もとみは、
昼ごはんどうするの?」

私「家に、何かはあるから
大丈夫!(≧∇≦)b」
(自室にもカップ麺のストックあるし、
台所にパンが残ってたの知ってたので。)


とにかく、
家に入りたくて、
スタコラサッサと逃げました。



久々に乗った車に酔った……?
(゚∀。)ウェww



一応、
黒系の服で久々にメイク、
きちんとして行ったので、

部屋に戻ったらソッコーで
「あぃやぁぁぁ!!」
と、メイク落として、
部屋着に着替え、

二代目に、留守番のご褒美の
ササミスティックをあげ、

リビングで、
厚切り食パンかじりました。


少し、横になりたかったが、
二代目が遊べと、
暴れ張り切るので(泣)

ベランダに放牧して放置。

遊んでる間に、
洗濯物畳んだり、自室の片付け。

二代目のお顔や歯のケア。



昨日は、
変な天気だったせいもあってか、
昼ごはん後も、
ちょっとだるく、

二代目の散歩までに、
母と妹が帰って来てくれると、
少し休めるのだが、
と、言う願いは脆くも消え。



結局、
二代目に夜ご飯あげた後、
散歩の途中、

僅差で、
妹の車が見えたが、
二代目に気づかれない様に
影に潜んでいました。

二代目が見つけたら、
多分、妹の車だと
知ってるから追うので、
散歩にならないのです。
(出すもんはしたから帰っても
良かったんスけどね。)



散歩終え、
風呂に入ったら、

急に、どっと疲れが来て、
気持悪いのが倍増し、

夕食は、弁当だったから、
後で食べると宣言し、
暫しベッドの中……。


ガチで動けませんでした。

 
2時間位して、
漸く動け、
弁当のおかずだけつつきましたわ。


その後も、
もう何もしたくなくて、
すぐ寝てしまいました。



一体、
あの気持ち悪さと、
モヤモヤ感はなんだったんだろう?

車酔い?だけでああもならないと
思うが。
(妹の運転はかなり優しい安全運転です。)



父が来てたのかな?



それとも、
くだんの、コロナウイルスか???
(この話はまた。後程。)


ここ、名古屋でも、
感染者が出ましたからね。

しかも、我が住まう地区から
近いので、もはや、
他人事ではないのですよ。


昨日、
夜の二代目散歩時、
風が強かったから……。
 

……まさかね。^^;
(風は逆方向だったわ。)




どうでもいいが、
母と妹、
昼は『リンガーハット』に
行ったらしいが、

母が
「テンガロンハットに行った。」
と、ほざいて吹いたwwwww。

全然違うわっ!


 

それでは、
今日も一日、
良い一日をお過ごしくださいマセ!


私は、
暫しまたベッドの住人に
戻ります(爆)

話したい事はまた復活してからで。

とりあえず、昨日の報告でした。

母の言葉からこの画像が頭から離れない。