見えた!ブレーキの外し方!! | 根拠の無い自信で溢れる社長ブログ 「読むと根拠のない自信が湧いてくる!」 名古屋の社長ブログ 梅本和希

見えた!ブレーキの外し方!!

どうも 梅本です!



見えないブレーキ の外し方


あまり出し惜しみしても、うざがられるので書いときます。


でもその前に、より深く理解してもらうために例え話をもういっちょ!


「水槽のカマス」

大きな水槽にカマスを一匹入れます。


カマスとは長い細い魚です。


その水槽には、毎日決まった時間に、決まった場所にエサが落とされます。


そしてある時、エサが落ちる場所をさえぎるように、水槽の真ん中に透明のアクリル板の壁を立てます。


すると、始めのうちはエサを食べようと透明の壁に体当たりをするカマス君ですが、だんだんと諦めてしまい


エサが落とされても壁に近づこうともしなくなります。


そこでアクリス板を外してみても、、、


壁があると思い込んだカマス君はエサを食べに行こうとしません。


もう壁なんかないのに。


カマス君の心境は、、


「やっても無駄だ!」 


「またドンッってぶつかるわ!」


「よくわからんけど、どうせ行けんわ!」



私達もなにか行動を起こす前に似てますよね(笑)

本当はそこに壁なんかないのに、やれば出来ることなのに、やる前から無理だと思い込んで行動しないことありますよね。


出来ない理由、よくわからん不安が私たちに見えない壁を「見せている」だけなんです。


以上! 見えない壁の正体でした!






ではなくて。


見えないブレーキの外し方ですね。


どうすれば、カマス君はまたエサを食べに行くのか。





答えは「二匹目のカマスを入れる」



新しいカマスは、そこに透明の壁があるなんて思っていませんので、なんの迷いもなくエサに向かっていきます。


その様子を見て、イケテナイカマス君は


「あの新人、壁があるのも知らずに、、ドンッって、あれ?行けるの?なんで?あれ?壁は?」と目からウロコ状態で、壁を気にせずエサを食べに行けるようになるんですね。


前回の「ノミの実験」の答えもわかりますよね。



そうです。



「高く飛ぶノミを近くで見せてやる」ことなんです。



「鷹と共に飛べ」という言葉もありますが、私達も自分を成長させたい時、限界を感じているときは、この方法が一番効果的です。


「自分よりも高く飛んでいる人に会う」


異業種交流会 や 業界の勉強会


セミナー や 講演会


こんな場所に足を運ぶと、アホみたいに高く飛んでいる人達がごっそりいます(笑)


私の周りにいる、、そうです。ブレーキが壊れた人達も大きな刺激になります!



まずは真似から。


「まなぶ」の語源は「まねる」からきているそうです。


成功者の真似をすること。


同じように高く飛んでみること。


最初はハードルを下げてもいいから、自分ができることから探して行動してみましょう!


とっ 自分にも言い聞かせてます(笑)



うわっ 長くなった。 読んでくれてありがとうございます。





【1日1クリック】応援してやって下さい (^ー^)