渡部雄吉写真集 「張り込み日記」:事件を追う刑事の姿を捉えた写真群がノワールと化す奇跡 | 灰色の脳細胞:JAZZよりほかに聴くものもなし
Sun, June 08, 2014

渡部雄吉写真集 「張り込み日記」:事件を追う刑事の姿を捉えた写真群がノワールと化す奇跡

テーマ:実用・その他

渡部雄吉写真集 「張り込み日記」 Stakeout Diary


昭和33年に発生した大西克己連続身代わり殺人事件を追う刑事に密着し、張り込み、追跡、会議から休日の姿までを撮りつくした一冊。

週刊誌の記事のための撮影だったようだが、信じがたいほど警察内部に入り込んでいるのは、写真家渡部の人柄と力量のなせるわざなのだろう。何しろ容疑者の取り調べまで写真として残っているのだ。

本書で素晴らしいのは、都市や捜査の実相を撮影した点もさることながら刑事の眼差しを鋭くとらえたところで、場面により変容するその目に思わず引きこまれてしまう。

ここに収められた写真をじっくりと見ておき、すぐさま松本清張初期水上勉の作品を読み出せば、いままでとは一変したイメージが浮かび上がるのは間違いない。

フィルム・ノワールの雰囲気や、昭和30年代のミステリ愛好家にはもちろんお勧めだし、東京五輪前の都市の風貌に興味があるひとにもよいはずだ。

昨年、限定900部で国内発売され即完売したものが、先日限定1000部で第二版として復刻。第二版もすぐになくなることが予想される。

購入は、渡部雄吉写真集 「張り込み日記」 Stakeout Diaryか、roshin booksから。

なお、初版と第二版では表紙が異なり、どう見ても前者のほうが格好いいのが悔しい。

★★★★★

mothra-flightさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス