Sat, March 01, 2014

『殺人者と恐喝者』:「こまけぇこたぁいいんだよ!!」というカーらしい一冊。

テーマ:ミステリ

カーター・ディクスン
殺人者と恐喝者 (創元推理文庫)


昭和16年発表。HM卿シリーズ長編12作目。

原題は“Seeing is Believing”。百聞は一見に如かずといった意味合いで、読み終わった後ならばそれなりに効いてくる伏線めいたタイトルなのだが、やはり訳題のほうが目を引く。旧訳者・長谷川修二の手腕が光るところだろう(或いは編集者というべきか)。

さて、カー/ディクスンというひとは、読者がびっくりさえすれば何でもありと考えているフシがあり、アンフェアと批判される作品をいくつかものしているが、そのなかでも本書はアントニー・バウチャーが噛み付くなど、かなり有名なものといえる。

筋はいろいろなところで紹介されているので簡単に記すにとどめるが、「愛人がのぼせ上がったことで邪魔になってきた弁護士が自宅にて彼女を絞殺。うまいこと死体を処理し安穏としていたのだが、殺人を嗅ぎつけた彼の伯父に強請られ、さらには妻にも気づかれてしまう」という「事実」が冒頭で明らかにされ、夫=殺人者、伯父=脅迫者と同居するという悲惨すぎる人妻に恋心を寄せる若き軍人が登場し、近所でHM卿が自伝を口述筆記の最中と、スラップスティックな予感で幕を開ける。

実際、催眠術をかけられた人妻が、術師の命令で旦那を刺殺するかという悪趣味極まる催しものにて、ゴム製の無害なはずのナイフがいきなり本物とすり替えられており、あえなく旦那は刺殺されてしまう。もちろん旦那が殺人者だからこそ、彼女は無意識のうちに憎んでいたのである。

この事件では、ナイフに近づくことができた人物は絶対にいないという点で不可能犯罪が成立し、さらに動機の不明瞭さが読むものを悩ませる。

残念ながら、前者に関しては数多の評者がいうようにきわめて幼稚なものである。しかも十分な伏線もなく唐突な印象を免れ得ない。

それに対し、なぜ殺されたのか、誰に殺されたのか(正確には誰に操られたのか)を連動させる謎は、さすがにカー/ディクスンと唸ってしまう熟練の手管である。よく視点を変えることで地と図が反転し見え方が一変してしまうだまし絵があるが、本書もそのたぐいのものだ。

要は、それまで構築されてきた前提やルール自体をひっくり返してしまい、いままで読者に見えていた図も変わってしまうというカー/ディクスンがお得意とする技法だが、この構築の仕方に、重大な瑕疵、えげつないアンフェアな部分が存在するのである。


───以下、完全にネタバレ───











問題は、訳題にもなっている殺人者と恐喝者の関係だ。

飯のタネである金主を殺す恐喝者はいない。したがって恐喝者は犯人ではないというごく自然な発想を利用し、ある人物を安全圏においてしまうのである。

しかしその前提が間違っていたとしたら、つまり恐喝者であった伯父が殺人者であり、彼こそが脅されていた金主だとしたらどうだろうか。話はまったく変わってくる。当然、彼こそが最大の容疑者となる。

この真相を伏せながら、自然に物語を進めてゆく手腕が本書の見どころなのだが、この前提を構築したアンフェアな部分をいかに考えるかによって、本書の価値は大いに変わるだろう。

この前提を構築した箇所とは呆れたことに以下のような冒頭の一文なのである。

ある真夏の夜、グロスターシャー州のチェルテナムで、アーサー・フェインはポリー・アレンという名の十九歳の女性を殺害した。
One night in midsummer, at Cheltenham in Gloucestershire, Arthur Fane murdered a nineteen-year-old girl named Polly Allen.

 それが事実として認められた。すなわち――
That was the admitted fact.

 アーサーにとってポリーは長い人生の一挿話に過ぎなかった。しかし、彼女のほうは彼にのぼせ上がり、令夫人と一悶着構えそうな気配があった。結婚話さえ匂わせる始末。(中略)
The girl was only an incident in his life; but she had fallen for him, and was threatening to make trouble with his wife. She even mentioned marriage.

 そこで彼は、妻のヴィッキー、ヒューバート叔父、それに二人の使用人が揃って留守の晩に、ポリーを自宅に招いた。彼女は一夜のお楽しみに心躍らせ、誰にも知られずこっそりやって来て、首に巻いたレーヨンのスカーフで絞め殺された。(中略)
So, one night when Vicky Fane, Uncle Hubert, and the two servants were away, he invited this girl to his house. She came there secretly, expecting a party, and was strangled with her own imitation-silk scarf.

 しかし、感づいた人間が二人いた。叔父のヒューバートは犯行時に知り、妻のヴィッキーはやや遅れて気づいたのである。
But two persons found out about it—Hubert Fane, Arthur's uncle, when it happened; and Vicky Fane, his wife, a little later.


ここでは、アーサーが殺人を犯したことを記しているのだが、地の文は基本的にその物語世界における真を書かねばならない。

ところが、これは旦那をナイフで刺殺したヴィッキーの知識なのである。

読者が地の文が真実を語っていると信頼しているからこそ物語は成立するのであり、その物語世界の構築にこそ、あらゆる小説の基礎がある。どんなに奇天烈なお話だろうと物語世界の構築さえうまくいけば、それは完全にリアルなのである。

したがって諸氏が本書をアンフェアというのはもっともであり、本格原理主義者には我慢ならない作品といえよう。

しかし、冒頭からあっけらかんと詐欺をやってのける図々しさ、読者に植えつけた殺人者と脅迫者の関係を維持するための数多の仕掛け──これについては、解説の麻耶雄嵩がみごとに解き明かしている。こんなものを見せつけられた日には「だがそれがいい!」といわざるをえない。

一般的に、カー/ディクスンは密室云々と喧伝されそればかりの作家と思われていそうだが、実は、密室であったり大掛かりなトリックを効果的に見せつけるためのこと細やかな技法、レッドヘリングにこそ、最大の妙味があるのだ。

麻耶雄嵩がいう「カーの“よき読者”」とは、それが楽しめる傾奇者のことである。


最後にひとつ。

HM卿が真相を解き明かす部分で、冒頭の文章についてメタミステリ的に解説を加えている(原文参照)。つまり本書において地の文は、事件の真相や真実を構築するために存在するのではない。

真実の開示は地の文ではなく、HM卿の口述によっているのである。したがってわれわれは、カーター・ディクスンが書き記したもろもろの地の文ではなく、HM卿の口述のみを信じなければならない。HM卿こそが真実を開示するのである。

であるならば、本書の物語世界内で延々と続けられる口述で明らかにされるHM卿の本当かよ! と疑わざるをえない過去の悪行の数々をも、われわれは間違いなく真実であるとみなさねばならない。

逆に言うと、本書は、いつか上梓されるであろうHM卿の自伝が真実であることを保証するための一冊なのである。


"Y'see, ma'am, your knowledge that your husband was a murderer was the
'admitted' fact. "Sure. But who admitted it?
"If this were all written down and traced back, you'd find that there was only
one source for all the details about Arthur: Hubert himself


★★★★☆
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

mothra-flightさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:大好きな作品

>norikoさん
ひぃ、コメントをいただいていたのを完全に見逃していました…ごめんなさいorz

HM卿ファンには、けっこうたまらん作品ですよねえ。自伝をぜひ読んでみたいので、誰か完成させて欲しいところw

1 ■大好きな作品

「認められた事実」はアンフェアでしょう。
カーも騙したことは認めているようですが・・・
もっとも「死時計」よりはマシだと思います(笑)

それでもHM卿の過去の話が載っている以上、ファンとしては傑作だといってしまいます(笑)
噂にたがわぬ”神童”ぶり(笑)

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。