Tue, February 11, 2014

北朝鮮強制収容所を明るみに出す:安明哲『図説 北朝鮮強制収容所』(双葉社)

テーマ:ノンフィクション


安明哲『図説 北朝鮮強制収容所』(双葉社)

いまとなっては背筋が凍るような笑い話でしかないが、北朝鮮がこの世の楽園であり、成功した共産主義国家だと真面目に受け止められていた時代があった。1950年台からソ連崩壊あたりまでのことである。

要は、資本制と共産制のどちらを支持するかという話であり、主として社会党系の「進歩的知識人」たちは、こぞって後者とその具現化である北朝鮮を褒めそやしたのである。

だからこそ、たとえば朝鮮戦争は韓国とアメリカの侵攻によりはじまったという北朝鮮の公式見解を鵜呑みにするようなヒイキがはびこっていた。

ちなみに朝鮮戦争勃発についての北朝鮮の公式見解は以下のようなものである。

三八度線一帯に集結していた李承晩カイライ軍は、アメリカ人軍事顧問団の直接指揮のもとに、この日の早暁、全戦線にわたつて三八度線以北地域にたいする武力侵攻を強行した。
 敵は侵略戦争を開始するにあたつて、不意の攻撃をくわえることによつて、数日のうちに共和国北半部の全地域を容易に占領しうるものと考えた。そうして敵は、朝鮮人民に反対[ママ]する冒険的な戦略計画をうちたてた。『朝鮮人民の正義の祖国解放戦争史』(外国文出版社/1961)


金日成が、不意の攻撃をくわえることによつて、数日のうちに共和国北半部の全地域を容易に占領しうるとスターリンを説得し、南侵の許可と武器援助の約束を取り付けたことを知っている我々にとっては与太話でしかないのだが、こういった騙りを真剣に受け止めていたものが、たかだか数十年前にはごまんといたのである。

驚かされるのは、北朝鮮がいかなる国家であるか明らかになってきたのはここ最近のことであり、楽園とまでいかなくとも「人民」は幸福に生活していると思っている日本人が、それなりに存在したということだ。

たとえば岩波書店の社長であった安江良介は『世界』の編集長時、北朝鮮では衣食住に加えて教育・医療という国民生活の基本的な課題において十分な保障がなされていると呑気に記しているが、これが北の宣伝に踊らされているのか、それとも「左翼」擁護のためにあえて騙ったものかは定かではない。

しかしながら、のちに岩波の社長となる有力者が北朝鮮を礼賛していたことは記憶しておいてもよいだろう。

ちなみにこの文章が収録された『偉大な人民の指導者 キム・イルソン』(外国文出版社/1977)には、ほかにも未来者社長・西谷能雄、都知事・美濃部亮吉、横浜市長・飛鳥井一雄、岩波書店常務取締役・緑川亨などが寄稿している。

当然、ここでは収容所国家北朝鮮の実像など一文字たりとも記されることはない。いまのところ北朝鮮の真実の姿は、脱北者の証言によるほかないのである。

そして本書『図説 北朝鮮強制収容所』は、一度収容されると死ぬまで出ることができない──そして収容されてからの平均余命は約5年である──「完全統制区域」と呼ばれる強制収容所の警備隊員として8年間勤務した作者が、命懸けの脱北の末、全世界に初めてその真実を明らかにした『北朝鮮 絶望収容所』(KKベストセラーズ)を圧縮し、自らイラストを添えたものである。

ガロ系の稚拙なイラストが、あまりにむごたらしい地獄を、読者に突きつける。

完全統制区域がどのような場所であり、いかなる地獄であるかはWebでも本書でも、直接あたってもらうほかない。書評で語るにはあまりに重すぎる。

ひとつ付け加えておかねばならないのは、そこでは日本人も収容されているという驚愕の事実であり、作者は日本人妻が警備隊員に撲殺されたのを目撃したという。

この一件からもわかるように、北朝鮮強制収容所は悲惨な隣国の話ではない。日本の話であり、アジアの話であり、さらには人間の話なのである。

これを知らないで済ますことももちろんできるし、多くのひとはそのまま日常を過ごしているだろう。…別に何かの運動をしろと迫っているわけではない。

世界には野蛮が数多存在し、われわれはたまたま日本に生まれ、無難に過ごしている。知るということは、世界の野蛮を認めることである。「わたし」により世界は知られることで変容し、その変容した世界で生きる「わたし」も変容するだろう。

そのような微小なとっかかりとして本書が読まれるならば、作者は幸福を感じるはずだ。

※画像は、『偉大な人民の指導者 キム・イルソン』より。作り物じみたこどもたちがもの悲しい。

★★★★☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

mothra-flightさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。