Sat, September 01, 2012

大田洋子『人間襤褸』(新潮文庫)

テーマ:「文学」
大田洋子『人間襤褸 (1955年) (新潮文庫)

原爆投下から5年後の夏、約1年かけ書き綴られた長編小説。

原爆の体験記、回想は多いけれども、すでに作家として身を立てていた女性が、残りの半生を賭し、原爆下に蠢くひとびとの姿を描き続けたということは、もう少し知られてよいはずだ。

本書は、自らの出生の秘密に悩む青年が原爆投下直後の広島を、身重の同級生を連れながら両親を求め彷徨するところから始まる。

タイトルの余りに直截な表現によく現れているように作者の描写は生硬で容赦がなく戦慄的で、そこで描かれる風景は、これまでの読書人生で最も胃が冷たく絞め付けられるものであった。

しかし、本書の主眼は原爆を生き延びた人々の様相を書き記していくことにある。

われわれは原爆による傷病の悲惨さのみに目を奪われがちなのだが、実は、壊滅した都市、生活、人間性などが、いかにして現代の広島にまで辿り着くのかという、その後の被爆者たちの苦悩も同様に原爆の問題なのであって、この点については、戦後復興とも絡めて、いままで以上に考え、知らねばならないだろう。

ちなみにいえば、さすがに中沢啓治はこのことをよくわかっていて、『はだしのゲン』はもとより、数多の中短編で被爆後の人々の受ける差別、復興への苦悩を描いている。


終わりに、本書から一節を引いておきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 来る夜も来る夜も、廃亡の市街の残骸は真暗であった。暗黒の荒れて果てた街に、点々と小さな火が無数に燃えている。火葬の火だ。火葬場でもないてんでの場所で、人は肉親や親類縁者の死体を焼いている。街中に死臭がひろがっていた。
 暗黒の街で、人々の生活は停止していたが、それにも拘わらず日時は正確にすぎて行った。どこにも行き先のない連中だけが廃墟に残り、少しでも手がかりのある生存者たちは、次々と田舎へ去った。河原や山、たまには焼け残った防空壕で、生きている人間たちが、原始的な、動物的な暮らしをはじめていた。強烈な爆撃効果の前に一切の機構が崩れ、秩序は支離滅裂しているが、そして希望的ではないが、その中に、残存した人間の生活の流れがかぼそく生じていた。亡霊のようではあっても、生きてはいる。彼等はしかし時間の停止を錯覚し、正常な時間を知らなかった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★★★★☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

mothra-flightさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。