西東京市 出張専門マタニティ・産後ママのための鍼灸 | マザーズ鍼灸院 つわり・逆子・陣痛・夜泣き

西東京市を中心に出張で鍼灸をしています。
マタニティー、産後ママのためのマザーズ鍼灸院のブログです。逆子、つわり、お腹の張り、陣痛がこない、アレルギー、授乳トラブルなど、お困りの症状の東洋医学的な手当て法をご紹介します。


テーマ:
こんにちは。
 
西東京市を中心に出張で鍼灸をしています、
マタニティー・産後ママのための
マザーズ鍼灸院 谷田部 優美です。
 

台風一過。この台風で、お産になった方も多かったかもしれませんね。

今日は産後の授乳についてです。

母乳推奨の産院でご出産された方は、
産後すぐから、授乳が始まりますね。

母乳は赤ちゃんに吸ってもらうことで、
母親の脳に刺激が伝わり、ホルモンが働いて、母乳が出てくる仕組みになります。

始めに、小刻みなリズムで赤ちゃんは乳首を吸います。これが、刺激になり、
その後、母乳が出てくると、ごっくんごっくんというリズムに変わります。

出産直後は、まだスムーズに母乳が出てこないので、赤ちゃんもママも苦労します。

お産の疲れもあり、さらに母乳が出にくくなる悪循環も。


【①肩甲骨周りをほぐす】

そんな時にまず、おすすめは、
肩甲骨周りをほぐすことです。

乳腺を直接マッサージするより、
胸の反対側の肩甲骨周りをほぐすことで、
胸の血行もよるなり母乳が出やすくなります。

ご家族がお見舞いにいらしたときに
肩甲骨のまん中、肩甲骨の上、肩甲骨の内側とマッサージしてもらうと楽になると思います。

お産で首、肩、肩甲骨周りが、ガチガチに凝ってしまってると思います。

親指でゆっくり3秒かけて押して、
そのまま3秒押し続けて、
ゆっくり3秒かけて離していく。

じわ~っと押してもらうと、
気持ちもリラックスして楽になります。


【②授乳姿勢】

また、座って授乳のときは
授乳クッションを赤ちゃんの下に。

前屈みになっての授乳は首や肩こりに
つながり、母乳も出にくくなります。 


【③水分摂取】

それから、水分が不足しても母乳が出にくいので、温かい水分をしっかり採って下さいね。

白湯でもいいですし、あればハーブティがおすすめです。


 
また、おっぱいはパンパンなのに、
うまく飲んでもらえないときが、一番痛くてつらいかもしれません。
 

【④乳首をしっかりくわえさせる】

赤ちゃんに乳首を
乳輪が見えなくなるまでしっかりくわえてもらうと母乳が出やすくなり、つまりが解消されます。


【⑤よく眠って疲れをとる】

お産の後で疲れもピークのときなので、
なるべく赤ちゃんと一緒に、
細切れに眠るようにするとおっぱいも出やすくなります。

出産報告なんかで、スマホ操作・・
なりがちですが、そこはぐっと堪えて、
まずは睡眠。



以上、
五点気を付けて見てくださいね。

一人で頑張らないで、
産後はなるべく休んでくださいね。
助けを求める事が苦手な方も
赤ちゃんのために、人の手を借りてくださいね!

疲れがたまらず、スムーズな母乳育児になれます。

出張可能 西東京市マタニティー・産後ママのための鍼灸院
マザーズ鍼灸院


お気軽にお問い合わせください(^-^)♪

*お電話でのお問い合わせはこちら
070-4011-4277

メールでのお問い合わせはこちら(24時間受付中)


最新のご予約状況はこちら | ホームページへ

初めての方へ | サービスメニュー・料金 | プロフィール | 施術の流れ

鍼灸を受けるとどうしていいの?

妊娠中のトラブルにお悩みの方へ

【出張可能地域】
西東京市・東久留米市・小金井市・小平市・武蔵野市・その他地域応相談♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

マタニティー・産後ママのためのマザーズ鍼灸院 谷田部優美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。