2015木育・おもちゃの広場レポート | 札幌の子育てをおもちゃコンサルタント・木育マイスターが応援します

札幌の子育てをおもちゃコンサルタント・木育マイスターが応援します

札幌在住のおもちゃコンサルタントマスター・木育マイスターが
子育て・保育・おもちゃ・木育・セルフケアの情報を発信します。
ハートと、アートで、楽しく子育てしましょう!


テーマ:
2015木育・おもちゃの広場を8/5(水)LIXIL札幌ショールームで開催しました。
今年の参加者は大人263名・子ども294名、合計557名でした。

朝はスタッフの集合写真&ミーティングからスタート。
撮影は毎回お願いしているリトルプラスのkazさんです。

私が気づかなかった当日の場面を後から見るのをとても楽しみにしています。今回は、子どもをサポートしている大人のあたたかいまなざしがたくさんおさめられていました。

それでは2015木育・おもちゃの広場の当日のレポートをお楽しみください。



開場前にぞくぞくとお客様が受付前に並びます。今年は暑くて中に入って待っていただいたので、外の行列は短め。


今回の本州からのゲストは3店舗でした。


こちらは大阪のボードゲーム専門店「kleeblatt(クレーブラット)」。見たことのないアナログゲームの数々に子どもたちだけでなく、大人も夢中になっていました。


埼玉在住のToyクリエイター野出正和さん。小さなコロコロを作りに、たくさんの子どもたちがこのコーナーを目がけてやってきました。


東京・高円寺の「すごろくや」さん。大きなサイズのキャプテン・リノが大人気でした。


おもちゃの広場は、全国に約5000人いるおもちゃコンサルタントが各地域でそれぞれに開催するもので、今年は153か所で開催されています。

グッド・トイ認定おもちゃや木のおもちゃコーナーは、おもちゃコンサルタントが担当。ずっと子どもたちでにぎわっていました。




ゴム銃屋さんは子どもたちが絶えることなく通いつめていました。





銭函の「木の店AUAU」ブースの木工教室は盛況でした。子どもたちが作る部分、ちょっと大人がお手伝いする部分、お互いに真剣なのがいいですね。




北広島の和信化学工業さんです。和信化学工業さんは、札幌市の景観色を作られている塗装メーカー。大通公園のベンチや開拓の村の建築物の塗り替えなどもしています。

木育・おもちゃの広場当日、子どもたちは木製の立体パズルに塗装体験。たくさんの子どもたちが体験していきました。


NPOねおすのコーナーではウッドシェイカー作り。

私は子どもたちだけでなく、大人にも木のよさが伝わるといいなと思って普段から活動しています。子どもと一緒に来てみたら、自分も木の心地よさに触れることができた、その体験がまた子どもたちにつながっていくと思います。大人ひとりの来場や体験も歓迎です。

その想いが共有できる出展者さんと一緒にできるから、当日はいい雰囲気が作れるのだと思います。

{E28892B0-4BFB-4FEE-9F72-5FF9970366B8:01}

北海道のブースでは、木の棒にバーニングペンで文字や絵を描くことができます。

バーニングペンは木に焼き付けて描いていくので、ペン先が熱くなります。「危険だけどやりたい」、そんな小さな子どもたちに、気をつけながら一緒にやるのは、大人の姿勢として大事だなと思います。


ようてい木育倶楽部では体験の親子がたくさん訪れ、大人も笑顔で制作していきました。




ネットショップ「おもちゃの森sapporo*」の前では子どもも大人も足を止め、木のおもちゃの動きに見入っていました。




石鹸作りは男の子も女の子も楽しんでいました。このブースのまわりはラベンダーのいい香り。ちょっと立ち止まりたくなるくらい気持ちいい空気でした。


初出展、キャンドルは色がとっても綺麗で予約いっぱい。好きな色で個性的な自分だけのキャンドルができました。



今回初出展のドーナツとベーグルのお店kenen。私は小さな冷蔵庫の中にあったベーグルサンドを注文。ひんやりしていて美味しかったです!



スタッフの子ども、女子組は、当日何をするか、子ども用当日資料を見て時間とお小遣いの配分をしてしっかり計画を立ててから行動しています。(男子組は毎年遊びと食に終始しています)


隙間時間の活用法まで、あなたたちが赤ちゃんだった時のママたちの動きにそっくりです。




赤ちゃんの時にヨガ教室の託児で抱っこしたスタッフの子どもたち。前日や当日の朝お手伝いしてくれたり、今では頼りになります。


貴重な時間とお小遣いの中から、去年は子どもたちみんなでフラワーアレンジメントを、今年はありがとうの花束を描いて、プレゼントしてくれました。


スタッフの子どもたち、みんなよく育っています。こちらこそありがとうです。


{61353D74-0ACE-4A67-ACEA-CAA25EC4460A:01}

毎回イベントの受付にありがとうの花束の作品を飾っています。


「みんなのHAPPY ここに来てくれてありがとう」

子どもたちが自分の家庭に来てくれてありがとう、皆さんイベントに来てくれてありがとう、の気持ちをこめてオーダーし、道産材の木枠に入れてもらいました。

イベント当日はありがとうが溢れます。家族にも、スタッフにも、出展者の皆さんにも、来てくださった皆さんにも。

今回も、ありがとうございました。



今年のHAPPYマーケットは10/28(水)です。LIXIL札幌ショールームで皆さんと再会できるのを楽しみにしています。

ミーナさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります