#175

 

いくつになっても、若くありたい。

 

そんな人々の願いを叶えるかも知れないと、

最近、注目を集めている研究があります。

 

 

それが、

ノーベル賞を受賞した生物学者、

ブラックバーン博士らが研究している

 

通称「命の回数券=テロメア」!!

 

 

今日は、健康寿命を延ばし

細胞レベルで「若返る」方法

 

いつまでも若々しくあるために

誰でも実践できる方法を、ご紹介します!!

 

 

<目次>

(1)命の回数券=テロメアとは?

(2)テロメアが短くなると、老化や病気が進む!?

(3)人によってテロメアの長さが変わる!?

(4)テロメア=健康寿命を伸ばす方法とは?

 ①運動、②食事、③睡眠、④ストレスをためない、⑤瞑想・呼吸法

(5)まとめ

 

 

 

 

(1)命の回数券=テロメアとは?

 

 

「テロメア(telomere)」とは、

人間の細胞の中にある、染色体の両端にある部分。

(上の写真の、オレンジの部分)

 

 

細胞分裂を繰り返すごとに、

このテロメア短く(かつ少なく)なり、

 

テロメアが短くなると細胞分裂が出来なくなり、

どんどん老化していくので、

 

テロメアは別名

「命の回数券」と呼ばれています。

 

 

 

 

(2)テロメアが短くなると、老化や病気が進む!?

 

 

このテロメアが、人間の老化と健康寿命に

深く関わっているということが、最近の研究で明らかになっています。

 

生まれたばかりの赤ちゃんのテロメアが最も多く、

これが35歳でおよそ半分に減り、

 

さらにテロメアが少なくなると、

細胞がこれ以上分裂できなくなる

「細胞老化」という状態になるそうです。

 

 

例えば、人間の皮膚の細胞は
活発に分裂を繰り返し、毎日若い細胞を生み出し続け、

1、2か月で新たな表皮に入れ代わるそうです。

 

ところが、テロメアが短くなり、

細胞分裂できなくなると、新しい皮膚を生み出すことが出来なくなるので

どんどん肌年齢が衰えていくわけですね!!

 

 

 

 

問題は、老化だけではありません。

 

テロメアが減少して短くなると、

がんなどの病気にかかるリスクも

高まるのだとか!!

 

 

東京都健康長寿医療センター研究所の

相田順子副部長は以下のように語ります。

 

 

「テロメアが短くなってくると、染色体がどうしても不安定になってくるので、

そうすると遺伝子の変異が起きやすいという状態になります。

がんになりやすいというふうに考えられます。

食道がんのほかに、口腔のがん、すい臓がんですね、皮膚がんもそうです。」

 

 

 

 

(3)人によってテロメアの長さが変わる!?

 

 

ところが、年齢が同じでも、

人によってこのテロメア(命の回数券)の長さが違う!

という驚きの事実が判明しました!!

 

上の写真は、NHKが行った調査で、

50歳前後のアラフィフ男女を集めて

「テロメアの長さ」(テロメアで見た年齢)を測定した結果。

 

実際の年齢はほぼ同じなのに、

「テロメアで見た年齢」は、

なんと35歳から、83歳まで、

50歳近くの差が!!?

 

▲実年齢は同じくらいなのに、テロメアで見た年齢差は「50年」!?

 

 

一体、なにがこの違いを分けたのでしょうか??

 

その要因として挙げられているのは

「ストレス」!!

 

 

 

カリフォルニア大学のエリッサ・エペル教授は

このように言います。


「悪いことを予測してしまうタイプ、つまり、悲観的な人は、

ストレスに反応しやすく、健康に悪影響があります。

10代の若者や健康な人でも、悲観的であるほど、

テロメアが短いことがわかったのです。」

 

 

さらに、

テロメアを短くして、老化と病気のリスクを高める要因は

 

お酒やタバコ。

 

▲お酒やタバコが、細胞にとってのストレスに!!

 

 

そして、孤独。

 


「愛情は大切です。

孤独で気分が沈んでいる人はテロメアが短く、

3倍以上も病気になりやすくて、早死にする傾向にあります。」

(予防医学研究所 ディーン・オーニッシュ所長)

 

 

 

(4)テロメア=健康寿命は、のばすことが出来る!!

 

 

逆に、テロメアを長くすれば、

老化を防止して健康寿命を延ばし

病気にかかりにくくすることが出来ます。

 

今までは、テロメアは短くなる一方で、

伸ばすことは不可能と思われていましたが、

それを覆したのが、

 

ノーベル医学・生物学賞を受賞した、

エリザベス・ブラックバーン博士たち!!

 

▲ブラックバーン博士らが発見した酵素「テロメラーゼ」を使えば、テロメア=健康寿命を延ばすことが出来る!!

 

 

 

(5)テロメア=健康寿命を伸ばす方法とは?

 

 

それでは、ここからは、

ブラックバーン博士らがオススメする

「テロメア=健康寿命」を伸ばす方法

 

日常生活の中で、

誰にでも出来る方法を、ご紹介します!!

 

 

①運動:

筋トレよりも、ジョギングやウォーキングなど、

軽めの有酸素運動を、週3回程度続ける方が有効!!

 


②食事:

野菜、魚や海藻、和食もお勧め♪

 

 

③睡眠:

7時間以上の睡眠♪

 

 

④ストレスをためない:

友人や家族、パートナーとの良好な関係を保つことも大切!!

 

 

⑤瞑想・呼吸法:

 

たとえば、

カリフォルニア大のヘレン・ラブレツキー教授が教える、

テロメアを伸ばすための簡単な「呼吸法」のやり方は、以下のとおり!!

 

4秒間かけて息を吸い、4秒間かけてはき出す。

 


この呼吸をしながら、花、ろうそく、夕日などを見つめます。
1日10分からでOKだそうです♪

 

 

×サプリメント

 

ちなみに、

テロメラーゼを増やすサプリメントも発売されていますが、

ブラックバーン博士は、あまりオススメしていません。

 


「こうしたサプリには賛成できません。

長期的に試用されていないからです。

 

もう1つの理由は、テロメラーゼが過剰になると害があるからです。

テロメラーゼは心臓病や認知症などの病気のリスクを低下させるのですが、

残念ながら(過剰になると)

逆に、特定のがんのリスクを高めてしまうのです。」

(エリザベス・ブラックバーン博士)

 

 

 

(5)まとめ

 

 

はい、というわけで、

今日は我々の健康寿命にかかわる

命の回数券と呼ばれるテロメアの話、

テロメアと老化・病気の関係、

 

そして、テロメアを伸ばすための方法、

ウォーキングなどの運動、野菜中心の食生活、

 

十分な睡眠、ストレスをためない人間関係、

そして瞑想や呼吸法などを

ご紹介してみました。

 

 

言われてみれば、

どれも当たり前のことですが、

 

昔から言われていた健康法の有効性が、

最新の研究によって、より確かなものとなったと

考えることも出来ますよね。

 

 

僕も毎日、一万歩を目標に歩いて、

コーラの代わりに野菜ジュースを飲む習慣をつけ、

7時間半の睡眠と、寝る前のYOGAをしながら瞑想もしてます♪

 

 

今後は、平均寿命が100歳まで伸びるといわれる時代!!

 

いつまでも、若く健康的であるために、

ぜひ、出来ることから実践してみて下さいね♪

 

 

※参考にしたサイト

NHKクローズアップ現代:生命の不思議”テロメア” 健康寿命はのばせる!