鏡開き | マナー研修|和文化 おもてなし講師|水戸大使 安達和子のブログ

マナー研修|和文化 おもてなし講師|水戸大使 安達和子のブログ

和文化・おもてなし・マナー研修  誇り高き日本の心を育みます。

キラキラ和文化・おもてなしマナー講師の安達和子ですキラキラ

本日は【鏡開き】について話しますねピンク薔薇

 

今日は鏡開きですねハート

江戸時代の初めのころは全国的に

松の内は1月15日とされ

鏡開きは1月20日と決まっていました鏡餅

 

しかし、慶安4年(1651年)4月20日に

三代将軍徳川家光が亡くなったことで

毎月20日が「月命日」となりました。

 

これは月命日に

「鏡開きというおめでたい行事をするのはよくない」という理由から

鏡開きの日が11日に変更されましたタラー

 

それに伴い関東を中心に松の内も

1月7日までに変更されたようです。

 

家光公が亡くなったことで

松の内の期間が短くなりましたが

全国に浸透したわけではなく

関西などでは松の内が15日のままのところもありますクローバー

鏡開きは

鏡餅に歳神様が宿ると考えられていたため

鏡餅を開くことで

年神様をお送りするという意味もありますパー

 

また、歳神様の力が宿った鏡餅をいただくことは

歳神様の恩恵をいただき力が授かるのですハート

 

そして、固くなった鏡餅を食べることは

歯固めと言い

丈夫な歯で何でも食べることが出来るので

長生きすると言われています照れ

 

鏡開きでは刃物は使用しません。

昔は刃物を使ってお餅を切ることは

武士にとっての切腹を連想させましたアセアセ

 

また歳神様の依り代のお餅に

刃物を向けるのは縁起でもないからです。

 

このようなことから、鏡開きではお餅を

「切る」「割る」とは言わずに

「開く」という表現が使われるようになりました鏡餅

 

 

キラキラお読みいただき嬉しく思いますキラキラ

ありがとうございました ピンク薔薇

 

一般社団法人大和撫子和乃会 

 

電子手紙omotenashi@yn-wanokai.jp

URLhttps://yn-wanokai.jp/