晦日 | マナー研修|和文化 おもてなし講師|水戸大使 安達和子のブログ

マナー研修|和文化 おもてなし講師|水戸大使 安達和子のブログ

和文化・おもてなし・マナー研修  誇り高き日本の心を育みます。

和文化・おもてなしマナー講師の安達和子です乙女のトキメキ

本日は【晦日】について話しますねピンクハート

 

大晦日というと12月31日のことだということは

誰でも知っていますねパー

 

今日は、大晦日の「大」を取った「晦日(みそか)」ですが

先日30日を「みそかだから忙しいかな?」と言ったら

「みそかって、何??」と…

日本人に日本語が通じない世の中ですね(;^_^A

古い女ですみませ~んタラー


私の家は商売をしていたので

毎月の晦日(月末)がお給料日でした札束

 

母は、晦日近くなると父に

「もうすぐ晦日だから集金してきて」と…$

 

昔は、銀行振り込みなどなかったので大変でしたね。

それなので

月末は「みそか」と言うものだと思っていました。

使わないから

どんどん日本語が無くなってしまうのかもしれませんねアセアセ

 

大晦日は、毎月ある晦日

そして一年の最後の締めくくりの月の12月に

「大」をつけて「大晦日」になったと言われています。

 

昔から年の切り替わりには

大きな意味があるので「大」をつけたのです。

晦日も差別化を図ったのかもしれませんねハート

 

元は30日で終わる月を「晦日」と呼び

29日で終わる月は「九日晦日(ここのかみそか)」と呼んでいましたが

現在は日付に関係なく

月の最終日のことを「晦日」と呼びます。

 

晦日の他の読み方は

「つごもり」「かいじつ」があります。

 

つごもりは

陰暦では月が隠れるころが月末にあたることから

「つきごもり(月隠)」が「つもごり」に変化したとも言われています。

 

かいじつは

「晦日」の音読で「晦」の字は、月が隠れることを表していますキラキラ

今年も残り1ヵ月ですねウインク
悔いなく頑張りまーすOK

 

お読みいただき嬉しく思います乙女のトキメキ

ありがとうございました ピンクハート

 

一般社団法人大和撫子和乃会 

 

電子手紙omotenashi@yn-wanokai.jp

URLhttps://yn-wanokai.jp/