爪楊枝 | マナー研修|和文化 おもてなし講師|水戸大使 安達和子のブログ

マナー研修|和文化 おもてなし講師|水戸大使 安達和子のブログ

和文化・おもてなし・マナー研修  誇り高き日本の心を育みます。

和文化・おもてなしマナー講師の安達和子です乙女のトキメキ

本日は【爪楊枝】について話しますねピンクハート

 

マナーの相談で

「爪楊枝を人前で使うのはOKですか!?」と聞かれました。

 

身だしなみは

見えないところで整えるのがマナーの基本ですニコニコ

それなので「爪楊枝は、人前では使いません」

 

堂々と、シーシーするのはもってのほかですアセアセ

見ている方も良い印象をもちませんねタラー

でも、コンビニの箸袋にも入っていて

料理店のテーブルに爪楊枝が置いてあるところがあるので

そのままテーブルで使ったり

人前でもいいのではないかと思う人も多いと思いますよね。

 

手で口元を覆って爪楊枝を使う人もいますが

これもマナー違反ですパー
人前で爪楊枝を使うことはNGのしぐさなのです。

 

では、使いたいときはどうしたらいいのでしょうか?

正しいマナーは、化粧室で使用します。

 

歯に何か詰まってしまったときには

爪楊枝を持って化粧室に行き使いましょう。

使ったものはゴミ箱に入れてくたさいね。

 

お席で使い

爪楊枝をお膳やお皿

テーブルにそのまま置いて帰る行為はもちろんNGです。

 

使い終わったら紙に包んで持ち帰るか

汚れた物を人の目に触れないようにします。

爪楊枝は

歯の間にはさまった物を取ったり

食べ物を突き刺したりするための道具ですが

用が済んでも

いつまでもくわえているおじさんを見かけますね??

 

この「くわえ楊枝」は

もともとは食事に満足しているサインだったのです。

 

かつては江戸っ子の粋と言われ

「気取った態度」という意味もありましたウインク

それが、時代とともに下品なしぐさ

マナー違反として敬遠されるようになりましたタラー

 

爪楊枝の「爪」は

「爪先の代わりに使うもの」の意味で

「爪先」や着物の「褄」

動詞「つまむ」などと同源で

「物の先端」という意味があります。

 

奈良時代に仏教が日本へ伝わったときに

楊枝も伝来したと言われます。

 

お読みいただき嬉しく思います乙女のトキメキ

ありがとうございました ピンクハート

 

一般社団法人大和撫子和乃会 

 

電子手紙omotenashi@yn-wanokai.jp

URLhttps://yn-wanokai.jp/