命の名前 | マナー研修|和文化 おもてなし講師|水戸大使 安達和子のブログ

マナー研修|和文化 おもてなし講師|水戸大使 安達和子のブログ

和文化・おもてなし・マナー研修  誇り高き日本の心を育みます。

和文化・おもてなしマナー講師の安達和子です乙女のトキメキ

本日は【命の名前】について話しますねピンクハート

 

昨日のキラキラネームに続き…

名前の話をニコニコ

ご自身の「名前」好きですか!?

誰にでもある親からもらった大切な名前

 

自分の名前を自分でつけた方はいないと思いますが…

 

私は「和子」という名前が好きではありませんでしたタラー

「もっと可愛い名前だったらいいのに」と

子どものころに思ったものですアセアセ

 

母に「和やかに、人の『わ』を大切に優しい子に育ってほしいから和子とつけたのよ」と

言われてもピンときませんでしたが

年を重ねていくうちに

名前が持つ意味を理解して今は大好きな名前になりましたハート

 

私たちは親から無償の愛で生まれます。

つい自分が一人で大きくなったように思いがちですが

親がいるからこの世にいるのです乙女のトキメキ

 

親も、生まれてくる子はどのような子なのだろうと想像をして

どのような名前を付けようかと考えるのです。

 

また、名付け親のように

神社仏閣で名前をいただくこともあるかも知れませんが

それも親が生まれてきた子の幸せを願う気持ちからです。

 

名前は親からもらう

最初のプレゼントだと思っています。

だから大切に使わないといけないのですハート

名前を付けることを「命名」と言いますね。

「命」に「名」です。

「命の名前」一生をその名前で生きるのですから

責任重大なのですラブラブ

 

命の名前を大切に

親に感謝の気持ちを持って

生活することは、とても大事なことなのです。

 

 

お読みいただき嬉しく思います乙女のトキメキ

ありがとうございました ピンクハート

 

一般社団法人大和撫子和乃会 

 

電子手紙omotenashi@yn-wanokai.jp

URLhttps://yn-wanokai.jp/