色打掛の「赤色」 | マナー研修|和文化 おもてなし講師|水戸大使 安達和子のブログ

マナー研修|和文化 おもてなし講師|水戸大使 安達和子のブログ

おもてなし・マナー研修  誇り高き日本の心を育みます。

「白無垢」の話の続きをキラキラ

 

婚礼で白無垢からお掛け直しする

色打掛ハート

色打掛の「赤色」生まれ変わりの色であり

白無垢を着て一度死んだことを表してから

赤色に着替えて生まれ変わったことを表しています花火

 

そこには

「嫁ぐ家で新たに生きる」いう

思いがあったのですラブラブ

 

赤色は

生まれ変わった赤ちゃんであり

血液の色ですハート

その赤い色を体に身に着けることで

甦るわけですねラブラブ

白無垢を着たらハート赤い衣装を着ますルンルン

もしくは

赤い色のものをどこかに取り入れるといいのですピンク薔薇

 

結婚式では

挙式に白無垢

披露宴に色打掛を

羽織るのが一般的ですが

色打掛も白無垢と

同格の婚礼式服であるため

神前結婚式にも着用できますルンルン

 

打ち掛けは室町時代以降の

武家女性の礼装とされていましたラブラブ

 

打ち掛けとは小袖の上から

もう一枚同形の衣をかけたスタイルです乙女のトキメキ