白無垢の「白」 | マナー研修|和文化 おもてなし講師|水戸大使 安達和子のブログ

マナー研修|和文化 おもてなし講師|水戸大使 安達和子のブログ

おもてなし・マナー研修  誇り高き日本の心を育みます。

ウェディングドレスも素敵だけど…

日本の婚礼衣装のお話も乙女のトキメキ

 

花嫁衣裳の白無垢は

和装の婚礼衣装のなかで

もっとも格の高いものですキラキラ

白無垢は

挙式のときだけに許される

邪気をはらい神聖な儀式に臨むための

特別な衣装ですクローバー

 

打掛

(一番上に掛ける着物)

掛け下

(打掛の下に着る振袖)

その他の小物類もすべて「白」で統一されています雪の結晶

 

白は

「太陽の光の色」とされ

神聖な色と考えられてきましたラブラブ

 

白は純潔の色ですので

どの家風にも染まるという意味が込められていますブーケ2

平安時代に

婚礼のときに着用した白打掛が

起源となっているようですが

婚礼の衣装やルールが、決められたのは

室町時代で

それが今日まで長い間に渡って

受け継がれてきたと言われていますピンクハート

 

実は白は

生まれた時に着る服と

死者に着せる服にも使われますキラキラ

 

白は「生まれ変わり」の意味を表し

生家の娘として

一度死に

嫁いだ家の嫁として

新たに誕生するということなのですハート

 

「死ぬ覚悟で嫁ぐ」という

重い意味が

白無垢には込められているのですねラブラブ