母の日の始まりは | マナー研修|和文化 おもてなし講師|水戸大使 安達和子のブログ

マナー研修|和文化 おもてなし講師|水戸大使 安達和子のブログ

おもてなし・マナー研修  誇り高き日本人の心を育みます。


テーマ:

【母の日】

1910年にウェストバージニア州で始まり

アメリカ全土に広まり

1914年に正式に「母の日」として制定されましたハート

「5月の第2日曜日を母の日にする」と

ウェストバージニア州の知事が宣言したのは

アンナ・ジャービスの働きかけがあったと言われていますラブラブ

 

アンナの母親であるアン・ジャービスは

アメリカの南北戦争で負傷兵のケアを行っていましたキラキラ

アン・ジャービスは負傷兵の衛生状態を改善する

「マザーズデー・ウォーク・クラブ」を立ち上げ

敵兵のケアも献身的に行ったと言われていますラブラブ

 

娘のアンナは亡き母を追悼する会を

亡くなった2年後の1907年5月12日に教会で行い

母が好きだった白いカーネーションを参加者に配ったそうですブーケ2

 

このことが「母の日」の起源と言われており

アンナの行動によって白いカーネーションが

母の日のシンボルと認識されるようになりましたピンク薔薇

 

日本で初めて母の日のイベントが開かれたのは

1913年に青山学院で母の日礼拝が行われました乙女のトキメキ

 

アンナ・ジャービスから青山学院にメッセージが届き

当時青山学院にいた女性宣教師たちの熱心な働きかけで

日本で「母の日」が定着していくきっかけとなったとされていますピンクハート

赤いカーネーション

母の日に贈られる赤いカーネーションの花言葉は

「母の愛」「純粋な愛情」など

花に想いを託す風習は17世紀のころにトルコからヨーロッパ中に伝わり

各国で花言葉が生み出されていったと言われていますハート

 

日本にこの風習が伝わったのは

明治初期のころ

花言葉の起源は明確にされていませんが

そのために花言葉は国や地域によって異なっており

時代の流れとともに変化することもあるようですラブラブ

花に想いを託すという風習は素敵ですね桜

 

安達和子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ