桃の節句「ひな祭り」 | マナー研修|和文化 おもてなし講師|水戸大使 安達和子のブログ

マナー研修|和文化 おもてなし講師|水戸大使 安達和子のブログ

おもてなし・マナー研修  誇り高き日本人の心を育みます。


テーマ:

雛人形ひな祭り雛人形

 

私も

まだまだ知らないことばかりアセアセ

昨日、NHKで放送の

「チコちゃんに叱られる」を見ていて

 

あかりをつけましょ ぼんぼりに ~♪の

「うれしいひなまつり」の歌詞の二番

 

音譜お内裏様と おひな様 二人ならんで すまし顔 

お嫁にいらした 姉様にく似た官女の 白い顔音譜

 

私は

お内裏様は 男雛 おひな様が女雛だと

ずっと思っていましたびっくり

それが

なんと男性を指す言葉ではないため

一番上の段の男女がおだいり様ハートひな壇の人形全員がおひな様だと

 

チコちゃんに教えてもらいました!!

ひな人形の

おだいり様とおひな様は

一番上の男性の人形がおだいり様で

女性の人形がおひな様だと思われがちですが

「内裏」は

「天皇皇后両陛下のお住まいになる御所」という意味だそうですパー

 

「ボーと生きているんじゃねーよ!」

チコちゃんに叱られてしまいました(笑)

 

チコちゃん、教えてくれてありがとうハート

 

親子三代のお雛様ですハート

私のお雛様

娘のお雛様

孫のお雛様

 


桃の節句乙女のトキメキひな祭りは

五節句の一つ

「上巳(じょうし)の節句」ですふんわりリボン

 

節句は

季節の変わり目キラキラ節目という意味があり

古来の日本では節句ごとに厄払いをする風習がありましたラブラブ


上巳とは

三月上旬の巳の日を指しますピンクハート

 

ひな祭りはラブラブ 

平安時代に始まりましたが

その時代は高貴な生まれの女児の厄除けと

健康祈願のお祝いとして行われていたそうですドキドキ

 

江戸時代に幕府が

3月3日を

「桃の節句」と定め

ひいな遊びや雛人形人形から桃の節句は

女の子ものという考えが

定着していき

ひな祭りとして庶民にも浸透しましたピンクハート


ひな祭りは単なるお祭りではなく

お七夜やお宮参りと

同じように

女児のすこやかな成長を願う

「行事」であり

お雛様はその女児に降りかかろうとする

災厄を

代わりに引き受ける

災厄除けの守り神のようなものなのですハート

 

そして厄払いや健康を祈願して

紙や草、藁などで作った人形(ひとがた)を

身代わりの流し雛として川に流されるようになりましたラブラブ

この流し雛こそが

雛人形の始まりと言われていますラブラブ

その後雛人形

立派な流し雛が作られるようになると

人々は川へ流すのを止めて

飾るようになったと言われています乙女のトキメキ


上巳の節句が

なぜ、桃の節句と呼ばれるようになったのは

旧暦の三月三日は

桃の花が咲くころだったからと言われていますピンクハート

 

また、中国では古来から

桃には邪気を払う力があるとされていたため

邪気祓いの日には

桃の木を飾ったのですラブラブ

 

日本でも

桃は「魔除けの木」とされており

桃の葉は

皮膚疾患に効くと言われ

あせもなどを治すのに桃の葉を浮かべたお湯に入りましたイエローハート


このようなことから

厄払いや健康祈願をする日の

上巳の節句は

いつしか「桃の節句」とも呼ぶようになったようです乙女のトキメキ

 

 

お雛様を飾る際に共に供える

「菱餅」

湖沼に生息する水草「ひし」を由来としていますクローバー
ひしは強い繁殖力を持つ植物ですハート

水の底に沈む種から芽を出し

茎は水面まで伸び

葉は空気を含み、浮き袋のように水面を覆い尽くしますラブラブ


花は白く果実は菱形です乙女のトキメキ

ひしの実はさまざまな効能があり

インドでは幼い女児を救った植物として知られ

古くから生命力あふれるひしの実は縁起物なのです!

 

菱餅は上から赤(桃色)、白、緑の

三段重ねが多いのですが

地方により二色、五色など様々ですラブラブ

今の形になったのは江戸時代からのようですハート

健康と桃の花を表す赤色(桃色)には

「くちなしの実」

清浄と残雪を表す白色には

「ひしの実」

穢れを祓う若草を表す緑色には

「よもぎ」が餅に練り込まれていましたグリーンハート

 

くちなしには解毒作用があり

ひしの実には血圧低下の効果

よもぎには増血効果があるとされ

女性の身体をいたわる思いが込められているのですグリーンハーツ

雛あられも

お雛様には欠かせない物ですねラブラブ

雛あられの由来は様々ですが

平安時代は出産時の死亡率が高かったため

貴重なお米を撒き散らして悪霊を払ったとする説

京都の菓子職人が宮中用に作ったのが始まりとする説

飾り用の菱餅を砕いて油で揚げたのが広まったという説

など諸説ありますふんわりリボン


もち米で作られた独特の歯触りの雛あられは

この時期の楽しみのひとつでしたキラキラ

色は菱餅と同じように赤(桃色)、白、緑色の三色に

黄色が加わることが多いようですイエローハート

 

四色は

四季を表しているという説もありますイエローハーツ
雛あられも

それぞれの色が持つエネルギーを身体に採り入れ

女の子が健やかに成長するようにと

願いが込められているのですねハート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安達和子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ