彼氏への不満・・

テーマ:

■質問

付き合って半年になる彼氏がいます。


色々な困難がありながらも仲良くやってきましたが、

このまま付き合っていってよいのかと思うことも多々あるんです。


それは、彼氏が家族とすごく仲が良すぎるということです。


携帯で頻繁に連絡をとりあっていたり、妹の家に泊まりに行ったり、家族の話ばかりするんです。
(本人も家族が大好きで昔から仲が良いとよく言っています。)


そんなに家族の話ばかりされて私は蚊帳の外に置かれている感じです。
彼氏は今一人暮らしをしているので、

家族と離れて淋しい思いを私で補っているのではないかと思ってしまいます。


親に頼ってばかりで自立していないように感じられるのですが、

家族思いの彼氏に対する私の思いやりがないのでしょうか?



■回答

彼氏はおいくつぐらいなんでしょうね?
ある程度の年齢であれば家族とは一定の距離を置くのが普通ですが
よっぽど仲が良いようですね。


あなたは自分より家族のほうが大切にされている、と思っているんですよね?
まだ結婚なども考えていない状態でしたら、彼氏の配慮が少し足りない
のかもしれませんが、将来的に付き合っていきたいのであれば
彼氏と相談したほうがよいですね。


素直に自分にも、もっと構って欲しいと
それでも彼氏の対応が変わらないのあれば、ガマンするか
例えば妹さんの家に自分も一緒に泊まりに行ったりなど
家族と仲良くなる方法を考えましょう。


別れることはいつでもできます。
あくまでも最終手段ということにして、解決できる
色々な方法を試してみてください。





■この記事が「参考になったよ!」と言う方は、
下記リンクをクリックして「人気ブログランキング」の応援をお願いします!
あなたの1票が私の励みになります。
↓↓
人気ブログランキング応援はココをクリック


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

嫌がられるんじゃないかと怖くて、好きな人と笑顔で話すことすらできない

「もてなくてさえない女」が、好きな人の電話番号、メルアドすら知らない状態から、

美人でないにもかかわらず、「好きな人に相手から」告白させ、その好きな人と

結婚することができた方法、意図的に男性と恋愛の脈を作る心理テクニックとは?

男性を、顔、年齢、性格、体型に関係なく、意識を引き付けるテクニック。
その禁断のテクニックを具体的に公開しました。

好きな人を彼氏にしたい。好きな人と結婚したいというあなたは
今すぐこちらをクリックしてそのテクニックのすべてをてにいれてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■質問


最近、お付き合いをしていた彼に別れを告げられました。


とくに大きな喧嘩をするでもなく、彼が仕事が終わったら、
家に来てくれるという感じで週に5日ぐらいは会っていました。


そんな彼が、急に「いろいろ考えたけど、別れよう」と言って
きました。3日前に「お前だけだぞ」ってメールで言われ
めったにそんなこと言わない人だったので喜んでいたら、
それからなかなか連絡が取れなくなって・・・連絡が来たと
思ったら「別れよう」とのこと。何が起こったのか分かりませんでした。


理由を聞いたところ、嫌いになったわけではない・・・お前に
問題はない・・・俺とお前はつりあわない・・・俺はいいやつじゃ
ないから・・・これから先お前が苦労するから・・・
などといった事でした。


会って話していると、「会うと決心が鈍るから、会いたくなかった。」など言うんです。


結局は別れると言う形になったのですが、彼の気持ちがよく分かりません。


本当に好きで、私のことを想っての考えなのか・・・
他に理由があるのか・・・好きなのに、別れるなんてあるのでしょうか?


■回答


彼から突然別れを言われて、納得できないんですよね・・
思い当たる節が何もないから・・


>理由を聞いたところ、嫌いになったわけではない・・・お前に
問題はない・・・俺とお前はつりあわない・・・俺はいいやつじゃ
ないから・・・これから先お前が苦労するから・・・


これ・・どういうことなんでしょうか・・
色々なことが考えられます。
例えば、彼が他の人を好きになってしまった・・付き合っている時に
二股を掛けていた、ということはなさそうですが、今彼の心は揺れているのかも。
また、そういうことでは全然なくて、なんらかの原因で借金をしてしまった、とか
もしかすると、ひどい病気なのかもしれませんよ・・??


理由は断定できませんが、


>会って話していると、「会うと決心が鈍る


から、会いたくなかった。」など言うんです。


ということですから、彼の心はあなたにあるようです。


あなたのことを好きなのに、あきらめなければならない理由がなにかあるのでしょう。
彼のために、というよりは、むしろ、あなたのために。


今ここで、原因をあれこれ推測して議論しても、彼の決心は変わらないだろうと思います。
だから、こうなった以上は、これが二人にとって最善の方法だったのだと信じて


彼が最後に言ってくれた
「嫌いになったわけではない・・・お前に 問題はない」

これらの言葉を信じて、彼とのことはいい想い出にして、

また新しい人生を歩いていったほうがいいと思うのです。


彼はいい加減な気持ちなんかじゃなかったと思います。
最後まで、会ったら決心がにぶるくらい、あなたのことを好きでいてくれたじゃない・・


彼を信じようよ。そして、いい想い出にして、心にしまっておこうよ。

別れは辛いものですが、結果的にこうなったことで、

あなたはもっと幸せになれる権利を手にしたと思えばいいのです。


彼と素敵な時間を過ごせてきたあなただもの、できますよ!!
今すぐには無理でも、少しずつでも、前向きに頑張っていければいいですね。







■この記事が「参考になったよ!」と言う方は、
下記リンクをクリックして「人気ブログランキング」の応援をお願いします!
あなたの1票が私の励みになります。
↓↓
人気ブログランキング応援はココをクリック



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

嫌がられるんじゃないかと怖くて、好きな人と笑顔で話すことすらできない

「もてなくてさえない女」が、好きな人の電話番号、メルアドすら知らない状態から、

美人でないにもかかわらず、「好きな人に相手から」告白させ、その好きな人と

結婚することができた方法、意図的に男性と恋愛の脈を作る心理テクニックとは?

男性を、顔、年齢、性格、体型に関係なく、意識を引き付けるテクニック。
その禁断のテクニックを具体的に公開しました。

好きな人を彼氏にしたい。好きな人と結婚したいというあなたは
今すぐこちらをクリックしてそのテクニックのすべてをてにいれてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■質問


彼と別れました。

他に好きな人ができたわけではないのですが、

今までの積み重ねで、だんだん「私って彼のこと好きじゃない?」

と悩むようになり、些細なことから別れ話まで発展してしまいました。


彼は納得がいかないらしく、絶対別れたくないといっていました。


彼は、悪い所は全部直すし、全部お前に合わせるから

やり直してくれってずっと行っています。

お前じゃなきゃダメとか・・・


そういわれると彼が私のことをすごく思ってくれていて、

自分がとても必要にされてることが改めてわかって、すごく気持ちが揺れています。

彼は努力して自分を変えるから、もう一度チャンスをもらえないかといってきています。


もう一度やり直して、私が彼のことを好きになることってあるでしょうか?


彼のことが嫌いになったわけではないので悩んでしまいます。

でも悩んでいるなかでも、彼に恋愛感情を持ってないことが改めてわかって、

それでやり直そうって言っても無理だし・・。

でも、こんなに私のこと好きになってくれる人他にいないのでは?とおもっていまい・・・


でも、私は彼のことを好きじゃなくなったんだから、戻ってもまた同じことの繰り返しになる??

と、考えがぐるぐるとめぐっています。

なんだか自分はすごく嫌な女だと思うのですが・・・


どうしたらいいでしょうか。


■回答


他に好きな人がいないのであれば、

ここはいちどよりを戻してみるのはどうでしょうか?


次の男性が現れるまで彼にチャンスを与えてみるというのはどうでしょう?




■この記事が「参考になったよ!」と言う方は、
下記リンクをクリックして「人気ブログランキング」の応援をお願いします!
あなたの1票が私の励みになります。
↓↓
人気ブログランキング応援はココをクリック



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

嫌がられるんじゃないかと怖くて、好きな人と笑顔で話すことすらできない

「もてなくてさえない女」が、好きな人の電話番号、メルアドすら知らない状態から、

美人でないにもかかわらず、「好きな人に相手から」告白させ、その好きな人と

結婚することができた方法、意図的に男性と恋愛の脈を作る心理テクニックとは?

男性を、顔、年齢、性格、体型に関係なく、意識を引き付けるテクニック。
その禁断のテクニックを具体的に公開しました。

好きな人を彼氏にしたい。好きな人と結婚したいというあなたは
今すぐこちらをクリックしてそのテクニックのすべてをてにいれてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━