県別ロゴ「岩手」vol-3 | 連笑のパロディー文庫

連笑のパロディー文庫

ロゴや看板、何でもパロディ化しちゃいます!


テーマ:
さて、山陰、九州と続いた県別ロゴ第三弾はぐっと北上し岩手だ。
実は連笑、転勤で一時盛岡に住んでいた。
それまで東北は未経験の地だったが、仕事で青森、秋田、宮城、福島へと出向き、一気に東北に詳しくなった。

ところで小学校の時「岩手県は日本のチベットです」と先生が言っていた記憶がある(岩手県の方、失礼)。
恐らく大昔、盛岡から遠く離れた豪雪地帯の山間部にある沢内村というところで乳児死亡率が約7%と全国トップだったことや、冬は交通機関が遮断されることからそう言われたのだろう。
もっとも、現在では村の医療対策が功を奏し逆にその水準は全国で最も少ない地域になっている。

とは言え、内陸部は本州では一番寒く、天気予報では北海道の海岸地方より気温が低いことが多い。
そんな厳しい気候が育んだのか岩手は文人を多く輩出している。
石川啄木、宮沢賢治はあまりにも有名で、辞書と言えば金田一京助と春彦の親子コンビだ。

意外なのは歴代総理大臣の出身別では山口県に次いで第二位で4人もいることだ(東京、群馬と同数)。
民主党の大御所のあの○沢一郎氏も岩手。
そして、今回のドラフトで最も注目を集めたのは花巻東の菊池雄星投手だった。

で、ロゴである。
こんな岩手のイメージとは対極のロゴにしてみた。

※今日は夕方から飲み会です。
※思ったほど雪が降らず、ちょいと残念(笑


$連笑のブログ

連笑さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス