本日のご紹介は和歌山駅で購入しました

 

和歌山水了軒 小鯛雀寿し

では、外観から

 

 

スリーブをとるとこのような感じです。

 

中を

 

アップで

 

 

 

和歌山駅の看板駅弁です。

中は地元で水揚げされた小鯛を三枚におろして酢で締めた寿司駅弁です。

これは実にうまいんです。鯛の身を酢で締めただけでなく塩で甘みを引き出している、そして昆布だしの香り、うーん風味は最高でした。

そして鯛の身、結構しなるような歯ごたえでしたがこれはこれでいいのです。なぜなら酢飯、これがとても柔らかく握られていてふんわりご飯に締まった鯛、絶妙なハーモニーです。

この寿司駅弁には醤油がついていません。醤油をつけると香りが全てとんでしまうからでしょう。というより醤油なしでこれほどまでおいしい寿司駅弁はなかなかないです。和歌山の郷土料理の一つなので是非ご賞味を

 

一応和歌山駅ではこのように雀寿司は販売されていますが、数が多い物と特上は予約されることをおすすめします。