宝石ブルー9月21日(土)、22日(日)は加賀市文化会館にて、「ココロキレイフェスタ」に出店いたします。ただいまご予約受付中です。

宝石ブルー毎週金曜日は金沢「レピ」さんにて11~16時半待機しております。マクロビティータイム(一対一のお茶会)は1時間1500円、スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円です。

全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。

 

3月に初めて、ず~~~っと訪問が念願だった、ウェルズ大聖堂に行くことができ。

でもその時時間がなくて見れなくて、次は絶対これを見たい!!と思った場所がありました。

大聖堂の脇を過ぎ、ツーリストインフォメーションなどを過ぎていくと・・・

そこには、Vicar's closeと呼ばれる場所があるのです。Vicarとは牧師、の意味でいいと思います。

 

私は昔な~んにも知らなくて、カトリックとプロテスタントの違いもわからず・・・カトリックは神父さまでプロテスタントが牧師など(つまりカトリックに牧師はいない)。カトリックはミサでプロテスタントは礼拝など。

 

なので大きくなってから、自分がかつて通ってたキリスト教の幼稚園はいつも「礼拝」をしてたから、あそこはプロテスタントだったんだなとか後々わかったりしてました。

ここは・・・中世の建物がそのまま残されている場所として有名なのです。

どうしても!この目で見たかった通り。

観光客は次々来るのですが、人が少なくなった隙を狙って撮った一枚。

この景色・・・個人的に、す、す、好きすぎる・・・

ただただ、ぼーっとして眺めてました。なんて美しいんだろう。なんて調和してるんだろう。なんて落ち着くんだろう・・・

 

写真では伝えきれないのですが、実物の空気感は・・・すごかったですよ。ここだけ切り取られたかのようでした。

 

まるで、大事に大事に守られた、サンクチュアリみたいなエネルギー。

多分、だれもがそこまで興奮する景色ではないのかもしれないけど、自分にとっては・・・大事な大事な景色なのです。なぜかはわかりませんが。

 

私がイギリスにいたのは、中世が多かったんだろうか??

両脇は、普通に人が住んでいるらしきおうちもあり。・・・こんなところに住めるなんて、なんて素敵な・・・!!(使い勝手はわかんないですが)

この景色を見れただけで・・・満足です。

途中、それらしき衣装を身にまとった牧師の方に、いきなり日本語で話しかけられました!

 

日本語をしゃべれるイギリス人がこんなところにいるなんて・・・だってここ、ロンドンじゃなくてウェルズですから!!

 

普通に会話できるレベルの方だったので、なおさらびっくり。ただ、私が日本のどこから来たか聞かれて、「金沢です」と言ったら、「ああ、神奈川?」と聞き返され・・・日本のことを少し知ってるイギリス人に、金沢を神奈川と聞き間違えられる率、今のところ100%です!!笑い泣き笑い泣き

もちろんここも着物で散策しました。旅行者の人に声をかけられ、お互い写真を撮りあっこしたのですが・・・私の写真はやっぱり目をつぶったり半開きなので、削除しました・・・笑い泣き写真を撮られる側、ほんと昔から苦手なんですよね・・・

ここを訪れたら、なんだかすっかり満足してしまい、ほかに行ってみようとしていた場所はあったものの・・・なんだかほんとに満ち足りてしまったので、このままWellsを後にしました。

 

自分でもほんと不思議でした。前回見れなかったbishop's houseとか見たいと思ってたのに・・・

 

ほんとは、ここが自分にとって一番重要な場所だったかもしれないです。

 

WellsのVicar's closeを見れたから、大満足!!・・・なんて日本人、おらんやろうな・・・絶対いない自信がありますDASH!

 

ここで何が起こるわけでもない、ただの通りなんですが、私自身は・・・何かを感じて、ノスタルジーとリフレッシュを同時に感じていたようです。

 

・・・つくづく、息子と一緒じゃない、一人旅でよかった・・・!!と思いましたイヒ一人感傷に浸るなんて子連れだと絶対できねえ・・・

 

私がイギリスに惹かれるのは、自分の中にポジティブな作用が起こるから。

 

前世でイギリスにいても、そこでネガティブな人生が多かったりすると、自分の中のネガティブな感情が刺激されるので、行かないほうがいい場合もあります。前世を過ごした場所だから行くべし、ってわけではないです。

 

そこでの人生が自分にとってどんなものだったか。詳細を知る必要はありませんが、私の場合は、良き思い出があるようです。

 

そして、自分が好きなだけ、好きな場所にいられる、ただそんな単純なことが・・・私にとても大きな力を与えてくれます。

 

これが、誰かと一緒だと、自分がもっとここにいたいと思っても次に行かなければいけなかったり、行きたい場所が人と合わなかったら行くチャンスを逃したり。

 

じっと黙っていたくても、人が話しかけてきて相槌を打たなければならなかったり。

 

・・・そんなことがいちいち気になる自分は、やっぱり一人旅が合ってるなあと思うのです。誰かと行くと逆にストレスになるかも・・・

 

家族はまたちょっと別な感じなのですが(自分を好きにさせてくれる夫がいるので)、ツアーとか知り合いとの旅行とか、もはや今の自分には無理だな・・・としみじみ思いますDASH!

 

誰かと行く旅が最高!って人もいると思います。でもHSPの人には・・・きついかも?

 

私は、なんてったって一人旅が最高に好きで、自分にとって最高の栄養剤。生きる力です。

 

自分にとって特別な響きを持つ景色を・・・これらかも見ていこう、と思います。

 

それでは皆様、 明日も素敵な一日をお過ごしくださいアップ