FIN 36 pyha 26 | スキーヤー 藤井守之 "Progress for tomorrow!"
新型コロナウイルスに関する情報について

スキーヤー 藤井守之 "Progress for tomorrow!"

スキー大好き スキーヤー藤井守之のぼやき!

朝6時ロバニエミへ移動開始

長い1日のはじまり


選手2名と僕でレンタカーとバスに分かれて移動


最後は人数少ないけどチームの機材は減らない。

人数が少ないだけにこれだけの機材運ぶのにも大変だ。


思えば来た時もこの2人はいたし、帰りも…

チームのために合宿の準備、搬送、現地でのスタートアップ本当にありがたい。そして最後もこの2人。


チームで若い方から1.2番だけど、この2人には大変助けられました。


この2人はへこたれないのが良いところだね。



なんとかロバニエミで荷物を預けて、ヘルシンキへ🛫


5時間程度のトランジットで電車に乗りヘルシンキ市内へ、2名はショッピングモールへ行って、有名なカフェ?なのか?どこかでケーキ食べて、ショッピングして帰ってきたみたい。


僕は毎年行く中華料理店でサーモンの寿司を30貫食べて市内を歩いてきました。


ヘルシンキはクリスマスモード全開ですね。



ヘルシンキ空港は人、人、人

ハブ空港でヨーロッパの玄関になっていますからコロナ禍の中でも人がいっぱい。


空港もコンセント、ベッド、トイレ、食堂、免税店と使いやすさ抜群


かの国の成田空港とは大違い。ここでも日本がこれができないのかなぁ…と考えさせられます。



今は飛行機の中でいろいろ合宿を振り返っていますがもう”来年は?”なんて考えてます。


来年はもっとフィンランドの良さを生かすトレーニングして、年末までフィンランドにとどまってトレーニングしたいですね。

それほどpyhaの効率の良さ、天気の安定度、環境

平均点たかいですね。



日本についてからまた少し時間があるので遠征を振り返ってみたいと思います。