最先端再生療法!CGFのご紹介

テーマ:

もりやま歯科医院鹿では、インプラントインプラント手術や歯周組織の再生療法

または口腔外科治療などの手術オペの際、骨や歯周組織などが足りない場所に

CGF(concentrated growth factors)という添加物を一切用いない

完全自己血液由来の血小板や成長因子を多く含んだ

フィブリンゲルを使用しておりますアップ


CGF特徴は!

従来よりインプラント治療に応用されていましたPRP(Platelet Rich Plasma)

多血小板血も同様に患者さん本人から採血した血液を使用しますが、

人工的に血液凝固剤を加えており、また作製操作も煩雑でしたあせる

CGFは添加物を一切加えずに、専用の遠心分離機を使用し凝固させますので、

自然なフィブリン網目構造が形成されます。

さらにサイトカインを多く含み、長時間にわたりゲル状態を維持していることで

実際のインプラント治療にもとても使用しやすく、骨移植材と混合して使用したり、

歯槽骨を造成するための遮断膜として使用したり、応用範囲が広いのが特徴です合格


もりやま歯科医院のブログ もりやま歯科医院のブログ

イタリア製の遠心分離機

 

手術前に患者さんの血液を採取します注射
もりやま歯科医院のブログ

難易度の高いインプラント治療に!

CGFは、手術の創傷治癒効果を促進させたり、人工骨のかわりに使用したり

骨を再生させるために使用する膜のかわりに使用したり、増骨をともなう

インプラント治療にも応用しています。

他院にて、骨が足りないとインプラントを断念された患者さんにも対応しておりますOK


CGFを治療に用いるメリットは!
1) 添加物・人工物を使用しないので感染リスクが低く、生体に安心・安全である。
2) その場で採血を行い遠心分離機(13分)で即治療に使用できる。
3) 止血作用や疼痛をやわらげたり、軟組織の治癒促進の効果も期待できる。


もりやま歯科医院のブログ


もりやま歯科医院のブログ
この黄色いゲル状のカタマリがCGFですおー


インプラント治療や歯周病の再生治療に関心がある方は是非一度ご相談下さい音譜


AD