NEW TWIN TUBE SYSTEM

テーマ:


先日のブログで登場した

NEW TWIN TUBE SYSTEM (ニュー ツイン チューブ システム)

をご紹介します。


NEW TWIN TUBE SYSTEMとは東京の赤坂で開業病院*されております、寺西邦彦先生ドン・フライが考案された

インプラントインプラント手術のための術前前診断と実際のインプラントインプラント手術を精確に行うための方法です。



術前の診査を適確に行い、それを基に診断用ワックスアップ(模型上でのシュミレーション)をします。

↓この患者さんは左右の奥歯(白い歯)のところにインプラント手術オペを行います。
もりやま歯科医院のブログ
矢印診断用サージカルテンプレートみぎしたアナライジングチューブ(白)とドリリングガイドチューブ(シルバー)   
もりやま歯科医院のブログ もりやま歯科医院のブログ

診断用サージカルテンプレートを装着しCTを撮影します。

もりやま歯科医院のブログ


CT画像シュミレーションソフト“SIM/PlantR”でインプラント手術の術前診断をします。


もりやま歯科医院のブログ もりやま歯科医院のブログ

http://www.simplant.jp/release/patient_safety.html


微妙な位置せんひきや角度分度器をコンピューター上にて修正します。 

 
もりやま歯科医院のブログ


それを基に3Dアングルメーター(角度を測る機械)をサベーヤー(位置を確認する機械)上に装着し

3次元的角度分度器補正をします。


もりやま歯科医院のブログ もりやま歯科医院のブログ


診断用サージカルテンプレートを手術用サージカルテンプレートにチューンナップし

インプラント手術を行っています。

これにより手術前にコンピューター上で予定していた位置にピンポイントポイント矢印↓でインプラントを

骨内に入れることが出来るのです♥akn♥


もりやま歯科医院のブログ もりやま歯科医院のブログ






AD