新入職員紹介

テーマ:

3月1日から3人目の胚培養士として倉地秀明さんが入職しました。

倉地さんは三重大学 生命科学科を平成21年に卒業後、

三重大学大学院へと進み平成26年に卒業。
平成29年には博士号を取得しました。

奥さんは助産師で、ともに生殖医療に携わっています。

まじめで明るい性格。当院の心強い戦力となってくれそうです。