風疹ワクチンの助成金

テーマ:
疹の感染が広がっています。患者さんの多くは20-40代の男性で、ちょうど奥さんが妊娠に関係する年齢の方です。妻が抗体を持っていればよいのですが、持っていない場合は感染の危険があります。関東と関西の患者さんが多いですが、愛知県も増えているようです。

この事態に危機感を持った豊田市とみよし市は、独自に風疹ワクチンの助成金制度をスタートしました。本日6月17日から助成金申請が有効となります。助成金を使える病院は指定されていますが、当院も指定されています。申請書は当院にありますのでご希望の場合は、直接お尋ねください。

助成金はMRワクチン(麻疹と風疹の混合ワクチン)では5,000円と決まっています。当院でのMRワクチン接種料金は10,500円ですので、助成金を申請される方は5,500円となります。

対象は、豊田市か、みよし市にお住まいの方で、妊娠希望している女性と、その夫です。現在妊娠中の方はワクチンを打つことはできません。ただし妊娠中の妻の夫は打つことができます。ワクチン接種後は2ヶ月の避妊が必要です。