散歩してると、母の友人に偶然お会いしました。
幼い頃から知ってるその方は私のことを、ボクちゃん、と呼ばれます。
ボクちゃん、これも食べなさい、っとスーパーやコンビニでいろいろ
買ってくださいました。
極寒の街を泣きながら帰りました。
ありがとうございました。