【Dr.大久保の健康コラム】新型コロナウィルス | 浜松市|肩こり腰痛、偏頭痛はおまかせ「森といずみ整体」
新型コロナウイルスに関する情報について

浜松市|肩こり腰痛、偏頭痛はおまかせ「森といずみ整体」

ボキボキしない・自然治癒力を高める整体

新型コロナウィルス

 

新型コロナウィルスの感染者が世界中で広がっています。

 

現在知られているコロナウィルスは約40種類ありますが、ヒトに感染するものは今まで6種類報告されていました。そのうちの4種類はふつうの風邪のウィルスで、残りの2種類は2002年に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)と、2012年に流行したMERS(中東呼吸器症候群)を引き起こしたウィルスです。 

 

今回中国武漢市で発生したものは、ヒトに感染する7番目のコロナウィルス(2019-nCoV)ということになります。

 

治療薬はまだありません。抗HIV治療薬や抗インフルエンザ治療薬の一種などが有効であるという情報もありますが、まだ確立されていません。

 

予防策としては、

 

1、栄養と休養をきちんととり、体の抵抗力をつけておく。

 

2、多くの人が集まる場所へ不必要に出かけない。

(お酒が好きな人にとってはつらいですが、しばしの我慢です。

家の中で音楽を聴いたり、ギターやピアノの練習をして過ごしましょう)

 

3、空気が乾燥するとノドの粘膜の防御機能が低下するので、加湿器などを使って

適切な湿度(50~60%)を保つことと、こまめに水分を補給すること。

 

4、手洗い

(石鹸で20秒以上の手洗いを頻回に行う。あるいは、アルコール含有率60%以上の手指消毒液を使用する。)

 

5、手洗いしていない手で、目、鼻、口をなるべく触らない。

 

6、マスクの着用

(すき間がないようにしっかり覆う、なるべくつけたり外したりしない、マスクの表面には触れない)

 

7、咳エチケット

(咳やくしゃみをする際、ティッシュ、ハンケチなどで口や鼻をおさえる)

 

先日、ある所で不用意に咳をしてしまったら、周りの人達からいっせいに冷たい目で睨まれてしまいました(汗)。気をつけましょう。

 

 

 

 

 

【大久保忠俊(おおくぼ ただとし)医学博士・大久保外科/消化器科院長】
大久保外科/消化器科 浜松市中区菅原町16−15(県居小学校そば)
TEL:053-453-4598 FAX:053-453-4975


>>お客様の声

【浜松市・森といずみ整体】http://moritoizumi.com
静岡県浜松市中区助信町24-30-303 アクセス
月火木:10~17時・水金:10~20時・日:午前中【完全予約制】
メニュー
無料メール相談
メールでのご予約
電話053-522-7334